コラム

COLUMN

  • TOP
  • コラム
  • メンズVIO脱毛で抜き残しが生じる原因と対処法を医師が徹底解説

メンズVIO脱毛で抜き残しが生じる原因と対処法を医師が徹底解説

近年、男性の美容意識が高まったことでメンズVIO脱毛の需要は急増しています。医療クリニックが実施する施術は清潔感のある見た目を手に入れられるのがメリットです。しかし、一度の施術で男性のデリケートゾーンに生えた毛をすべて取り切ることはできるのでしょうか。

メンズVIO脱毛で抜き残しができてしまう原因もわかりやすく説明しているため、ぜひ最後まで本記事をお読みいただければ幸いです。

VIO脱毛は1回目でどのくらい抜ける?


基本的に、VIO脱毛の施術は一回では終わりません。医療クリニックの平均回数は5〜6回程度だと考えられています。メンズクララは医療クリニックに該当するため、美容脱毛サロンを利用するよりも少ない来院数でご満足いただけます。

当院のメンズVIO脱毛では施術中に医療用レーザーを使用しています。気になる部位に照射することで毛根にダメージを与え、毛を取り除いていきます。1回目で効果を実感する方もいれば「あまり効果を感じられなかった」と考える方も少なくありません。レーザー脱毛は個人差があるため、VIOに生えた毛を完全に取り除きたい方は5〜6回程度の施術を推奨します

メンズVIO脱毛で抜き残しが生じる原因

抜き残しとは、レーザー照射によって取り除けなかった毛を指しています。脱毛効果を実感いただけない原因は抜き残しにあるのです。この項目では施術で抜き残しが生じる原因をご紹介させていただきます。

照射漏れの可能性

抜き残しが確認できた時、真っ先に原因として考えられるのはレーザーの照射漏れです。施術を担当するスタッフは皮膚を伸ばして広範囲にレーザーを照射するのですが、中には皮膚を伸ばしきれなかったことが原因で毛を取り除けないケースもあります。当院で照射漏れが生じた場合、3週間以内にご来院いただければ無料で対応いたします。施術トラブルが発生した時はすぐに当クリニックにご相談ください。

照射して間もない場合

医療用レーザーを照射して以降、VIOに生えている毛は徐々に抜け落ちていきます。施術後にすぐツルツルになるのではなく、数日間かけて脱毛効果が発揮されるため、VIO脱毛後はしばらく様子を見てください。2週間以上経っても抜き残しが確認できる場合、3週間以内にメンズクララクリニックにご来院いただければ無料で抜き残しに対処させていただきます。

毛抜きを使用していた場合

施術をおこなう当日などに毛抜きを使用していた場合、本来の毛が抜け落ちるサイクルが破壊されてしまいます。焦って自己処理をしてしまえば毛周期のサイクルが正常ではなくなり、メンズVIO脱毛をご利用いただいたにも関わらず施術の効果を体感できなくなってしまいます。事前のケアは毛周期のサイクルを崩さないシェービングに留めておくようにしましょう

アンダーヘアーを自分で抜いてしまうデメリット

先ほどは自己処理の危険性に言及させていただきました。この項目ではさらに詳しく、毛抜きを使ってアンダーヘアーを抜くデメリットを解説させていただきます。自己処理によって起きる肌のトラブルを正確に把握しましょう。

毛が太くなる

毛抜きを使って自己処理をしたことにより、毛が太くなるデメリットが生じます。強引に取り除いたことによって発毛組織が活性化され、硬毛化という現象が起きるのが原因です。産毛が硬くなるため、毛が濃くなったように見えてしまいます。自分で抜いた毛が必ず太くなるということはありません。ただし、毛根や皮膚にダメージを与える行為ということに変わりはありませんので、毛抜きで強引にアンダーヘアーを取り除かないように注意してくださいね。

肌や毛穴が傷ついてしまう

強引に毛を取り除くことによって、毛根や毛穴、皮膚はダメージを受けます。人間の身体のつくりは繊細です。特にVIOは男性のデリケートゾーンですので、深刻なダメージを与える毛抜きは使用しないでください。毛周期のサイクルが崩れた場合、正常なサイクルに戻るまでには数週間以上かかってしまいます。皮膚や毛穴にはダメージを与えず、発毛組織が傷ついていない正常な肌の状態を常に維持しましょう。

炎症を起こす可能性がある

アンダーヘアーを強引に抜いた後、毛穴は無防備な状態にあります。そこに雑菌が入ることで炎症が起きる恐れがあるため、陰部周辺はなるべく清潔な状態を保ってください。不潔な状態であればあるほどトラブルの原因になってしまいます。アンダーヘアーを抜き、雑菌が入りやすい状態にしないように注意しましょう。

黒ずみの原因になる

毛周期のサイクルが正常な場合、アンダーヘアーは自然と抜け落ちていきます。このサイクルが誤った自己処理によって崩れれば異常が発生します。皮膚が異常なサイクル下にある状態で下着の摩擦を受けると、メラニン色素(肌や髪、瞳などの色を構成する黒い色素)が沈着して黒ずみができてしまうのです。一度付着してしまったメラニン色素を取り除くには肌の新陳代謝を促進させるしかありません。黒ずみを解消するまでに長い時間がかかってしまうため、自己処理の方法は毛周期のサイクルを崩さないシェービングにのみ留めておきましょう。

埋没毛になってしまう

誤った自己処理によって、埋没毛(皮膚に毛が埋まった状態)が発生する場合もあります。黒い点がポツポツと目立つようになるため、注視すればハッキリと視認できる状態です。

強引に取り出そうとした場合はさらに悪化する恐れがあり、中には毛嚢炎などの炎症を引き起こすケースも。毛抜きやピンセットで無理やり毛を取り除こうとしたり、切れ味が悪いカミソリを使っていた場合、自分では「しっかり自己処理できた」と思っていても埋没毛は発生します。自己処理の方法をひとつ間違えるだけで肌トラブルの危険性が高まります。アンダーヘアーはやさしく丁寧に処理してください。

メンズクララで医療脱毛施術を受けた男性の体験談・クチコミをご紹介


メンズクララで施術を受けた男性の多くは施術内容・美容効果に満足しています。実際に大手検索エンジンとして知られるGoogleやTwitterなどのSNSでクチコミの内容を確認することが可能で、Googleのクチコミでは「とにかく通っている自分を好きになれるような高級感」「メンズも脱毛する時代。青山という街に気圧されながらも行って良かったと思える施術でした」など、高評価をいただいております。

当クリニックの医療脱毛を利用される方には麻酔クリーム・笑気麻酔などの各種オプションも充実しておりますので、まずは気軽にご相談ください。予約は公式ホームページに設置されているフォームで24時間受け付けています。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

記事監修医師プロフィール

医療法人社団Clara理事長
メンズクララ院長/医師

神林由香

日本皮膚科学会正会員。日本抗加齢学会正会員。メンズヘルス医学会会員。 美容外科専門医(JSAS)。
東京大学理科2類中退後、2011年香川大学医学部卒。
東京女子医科大学病院初期研修、東京女子医科大学病皮膚科入局、2016年大手美容外科都内分院スキンクリニック院長などを経て現職。