シミ・くすみの悩み

TROUBLE

  • TOP
  • シミ・くすみの悩み

シミ・くすみにお悩みの方へ

Trouble

シミ・くすみにおすすめの施術

当院では、シミ、くすみ治療を行う前に、画像診断器による肌解析を取り入れております。肌解析を行うことで、目に見えないシミ予備軍やお肌の状態をより正確に診察することが可能です。シミには、いくつか種類があるため、シミの種類で治療方法が異なります。

  • 目立つ濃いシミやそばかす

    当院では、シミ、くすみ治療を行う前に、画像診断器による肌解析を取り入れております。肌解析を行うことで、目に見えないシミ予備軍やお肌の状態をより正確に診察することが可能です。シミには、いくつか種類があるため、シミの種類で治療方法が異なります。

  • 目立つ濃いシミやそばかす

    レーザー照射が有効な治療法です。黒い色素に反応させ、除去する方法です。
    当院ではQスイッチYAGレーザーを使用します。
    レーザー照射後は、照射部位にテープを7~10日間程度貼る必要があります。
    だんだんと肌が再生され、肌がピンク色になっていきます。そこから少しずつ肌が生まれ変わり、肌色に戻ります。レーザーフェイシャルの詳細へ

  • 肝斑

    肝斑の治療は、まず生活習慣の改善です。強く肌をこすったり、刺激を与えるケアをしていないか、紫外線対策をしているかなど見直してください。それから、トラネキサム酸を内服します。少しでも早く改善させたい場合は、スキンクレンズやアフタートリートメントなどを組み合わせることをおすすめしております。スキンクレンズの詳細へ

  • 薄いシミ

    メラニン色素が少ないシミに関しては、QスイッチYAGレーザーでは反応しないことがあります。当院では、現時点では薄いシミに対しての機器を導入しておりません。

  • 色ムラやくすみ

    色ムラやくすみが気になる場合は、溜まっている古い角質を除去するスキンクレンズやレーザーフェイシャルが最適です。メラニン色素を飛ばしてから、アフタートリートメントで美容成分を導入することで、肌に透明感を出すことができます。また、これらに内服薬や点滴、注射なども組み合わせるとより効果的でしょう。レーザーフェイシャルの詳細へ

シミ、くすみ治療で併用できる施術

シミ、くすみの治療では、美白ベーシックや美白アップグレードといった内服薬や、徹底美白点滴、幹細胞培養上清液点滴など、身体の中からケアしていく施術と組み合わせることで、さらに効果を高めることができます。

シミ・くすみ治療の施術の特徴と効果

Merit

  • #01

    スキンクレンズ

    毛穴に詰まっている角栓や汚れをしっかりと取り除く施術です。毛穴の黒ずみの改善や毛穴を引き締める効果も期待できます。ピーリングによって、肌のターンオーバーを促進させることで、シミができにくくくすみにくい肌になります。角栓や汚れを除去するだけで、肌の透明感もアップします。当院では、その方のお肌の状態に合わせて5種類のスキンクレンズメニューから、最適な方法をご提案しております。

  • #02

    レーザーフェイシャル

    弱いパワーでレーザーを照射することで、蓄積しているメラニン色素を少しずつ飛ばしていきます。繰り返すことで色ムラやくすみが改善されて、肌に透明感が出ます。そして、レーザーによる刺激で、線維芽細胞が活性化され、コラーゲン産生が行われるので、肌にハリが出ます。

  • #03

    アフタートリートメント

    アフタートリートメントは、エレクトロポーションという方法で、肌に美容成分を導入する施術です。イオン導入や超音波導入よりもしっかりと肌に栄養成分を届けることが可能です。くすみや美白では、トラネキサム酸の導入や、高濃度水溶性ビタミンC、万能ビタミンといった薬剤がおすすめです。当院では、アンチエイジングという様々な美容成分を組み合わせた薬剤もご用意しております。シミやくすみだけでなく、肌全体を若々しくしたいという方はこちらがおすすめです。

  • #04

    内服薬

    シミ(肝斑)内服薬では、トラネキサム酸を処方しております。

各施術の注意点
(デメリットやダウンタイム)

Downtime

  • QスイッチYAGレーザーの注意点

    #01

    人によって、炎症後色素沈着と言って、やけどの作用により一時的に肌の色が濃くなってしまう現象が起きる場合があります。
    通常は数ヶ月改善しますが、場合によっては数年かかることもあります。
    紫外線を避け、トラネキサム酸などの内服も併用すると、改善が早まります。
    目立つシミやそばかすは、1回のレーザー照射である程度薄くなるものの、完全にゼロになるとは限りません。
    その場合は、2回目の照射をしたり、別の方法をご案内することもあります。
    また、真皮サイトメラノーシスなど「あざ」に近いタイプのシミは、半年おきに繰り返し(4〜6回程度)施術する必要があります。

  • スキンクレンズやレーザーフェイシャルの注意点

    #02

    施術後に肌に赤みが生じる可能性があります。少しずつ引いていきますが、1週間経過しても赤みがおさまらないということがある場合や、症状が悪化している場合は、ご連絡ください。

  • シミやくすみ治療中の注意点

    #03

    シミやくすみの治療では、毎日の紫外線対策もしっかり行ってください。紫外線対策ができていないと、新しいシミができてしまう、シミが濃くなってしまうという可能性もあります。

医療法人社団Clara理事長 メンズクララ院長 神林由香

シミやくすみの治療は、いくつか方法があります。まずはカウンセリングでお肌の状態を拝見させていただき、より最適な治療方法をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

医療法人社団Clara理事長
メンズクララ院長
神林由香

WEB予約はこちらから