ホクロ・イボの悩み

TROUBLE

  • TOP
  • ホクロ・イボの悩み

ホクロ・イボにお悩みの方へ

Trouble

ホクロ・イボにおすすめの施術

当院では、ホクロやイボの治療に関して、レーザー治療、電気分解法、メスによる切除といった3種類の方法をご用意しております。一般的にはレーザー治療を行っています。

  • ホクロとは

    ホクロとは良性腫瘍の一種です。生まれつきのものもありますが、大人になってからできることもあります。薄くてシミのように見えるもの、黒くない肌色のイボのように見えるもの、大きく黒く盛り上がったもの、など形は様々です。
    日焼けなどの刺激や加齢で大きくなることがあります。ホクロには悪性タイプのものもあり、しっかりとした診断が必要です。急に大きくなったり、形がいびつな場合などは、お近くの皮膚科で検査してもらった方が良いでしょう。
    当院で施術する場合は、まず悪性の可能性がないか診察させていただき、悪性ではないと判断した場合のみ施術させていただきます。

  • イボとは

    俗にイボと呼ばれるものには2種類あります。
    ひとつはウイルス性のもの。顔にもできますが、手指や足指のあたりにまとまってできることが多いです。こちらのタイプのイボの場合、当院では施術を行うことができません。お近くの皮膚科でご相談ください。
    もうひとつは、ホクロと同じように、顔にできる良性腫瘍を総称したものです。この場合は、当院で施術が可能です。

ホクロ・イボ治療の施術の特徴と効果

  • レーザー治療

    ホクロやイボにレーザーを照射して綺麗にします。照射時に多少痛みを感じますが、我慢できないほどではありません。照射直後は、傷のようになりますが少しずつ目立たなくなります。

  • 電気分解法

    電気メスを用いて施術します。膨らみのあるホクロやイボの場合は、電気メスで取り除いたほうが綺麗に除去できるケースも多いです。深く削ることで再発を防ぐことができます。

  • メスでの切除

    大きく膨らんでいるホクロやイボは、メスで切除しなければならないケースもございます。メスで切除する場合は、深く除去することができるため、再発の可能性が低くなります。

ホクロ・イボ治療の注意点
(デメリットやダウンタイム)

Downtime

  • レーザー治療、電気分解法の場合、施術後7~10日間、テープを貼っていただきます。電気分解法の場合は、深く削ると傷が目立ちやすくなってしまう可能性があります。メスで切除した場合は、切除部位を縫合しますので、5~7日後に抜糸が必要です。その後、少しずつ傷跡は目立たなくなっていきます。電気メスやメスによる切除の場合、再発を防ぐために深く切除することがありますが、その場合は傷跡が残りやすくなってしまう可能性もあるため、施術前によく相談した上で切除範囲を決めさせていただきます。

ホクロ・イボ治療の料金のご案内

Price

※税込み価格です。
ホクロ・イボ 1個目 ¥16,500
2個目~ ¥5,500
医療法人社団Clara理事長 メンズクララ院長 神林由香

ホクロやイボの治療は、悪性のほくろやウィルス性のイボの場合、当院で施術ができません。まずはカウンセリングで状態を拝見させていただいてからのご案内となります。

医療法人社団Clara理事長
メンズクララ院長
神林由香

WEB予約はこちらから