コラム

COLUMN

  • TOP
  • コラム
  • VIO脱毛前の自己処理のやり方|正しい剃毛方法と失敗しないためのポイントを解説

VIO脱毛前の自己処理のやり方|正しい剃毛方法と失敗しないためのポイントを解説

VIO脱毛前の自己処理は、必ず施術前日までに済ませましょう。

施術当日に自己処理をした場合、肌に少なからず負担がかかっている状態のため、VIO脱毛を行えません。

本記事では、VIO脱毛前の自己処理の正しいやり方と、失敗しないためのポイントを解説しています。

自己処理後に起きがちなトラブルと対処法もまとめているため、ぜひ参考にしてみてください。

東京でVIO脱毛のクリニックをお探しの方には、デザイン脱毛を行えるメンズクララがおすすめです。

患者様の要望に沿ってプロの施術者が毛を整えるため、VIOのデザインで失敗することがありません。

施術には最新型の脱毛機サンダーMTを使用しており、高い脱毛効果が期待できます。

施術時の痛みが不安な方のために麻酔も2種類用意しているため、VIO脱毛を検討している方はぜひ一度ご相談ください。

RESERVEご予約はWEBから承っておりますのでこちらからお願いいたします。

VIO脱毛前の自己処理は前日までに済ませよう

VIO脱毛前の自己処理は、施術前日までに済ませておきましょう。

自己処理のスケジュールはクリニックで指示されますが、2日前から前日までに処理を行うケースが一般的です。

VIOの毛は1本1本が太くしっかりとしているため、自己処理しにくい場合があります。

スムーズに自己処理を済ませるためにも、入浴後にシェービングを行いましょう。

入浴後はVIOの毛がふやけて少し柔らかくなっていますし、清潔な状態で自己処理を行えます。

Oラインのような手の届かない部位は、クリニックでシェービングしてくれるケースが一般的です。

ただし、クリニックにより対応が異なる場合があるため、必ず事前に確認しておきましょう。

注意点として、施術当日に自己処理をした場合、VIO脱毛を行えません

自己処理により肌に少なからず負担がかかっており、まだ回復していない状態だからです。

施術日を変更しなければいけなくなるため、自己処理を忘れないように注意しましょう。

VIO脱毛前の自己処理に必要な道具

VIO脱毛前の自己処理に必要な道具は、次のとおりです。

  • 眉毛バサミのような小さなハサミ
  • 電気シェーバーまたはカミソリ
  • 新聞紙のような大きな紙
  • 保湿クリーム

自己処理の際に肌への負担を抑えたい方には、カミソリよりも電気シェーバーがおすすめです。

誤って肌を傷つけてしまい、施術不可になるリスクを軽減できます。

鏡は、VIOを確認するために使用するものです。

VIOは見えにくいため、鏡で確認しながら慎重に自己処理を行いましょう。

VIO脱毛前の正しい自己処理のやり方

VIO脱毛前の自己処理は、部位ごとに剃り方が異なります

また、Oラインは手の届きにくく、自分ひとりでは処理できないため、クリニック側がシェービングしてくれる場合が多いです。

念の為、施術してもらう店舗に確認しておきましょう。

ここではVライン・Iラインの正しい自己処理のやり方を、それぞれ解説します。

Vラインの自己処理のやり方

Vラインの自己処理は、次の手順で行いましょう。

  1. 毛の散らばりを防ぐために、新聞紙のような大きな紙を広げて上に座る
  2. 自身の希望するVIOの形に合わせて、不要な毛をハサミで短くカットする
  3. シェービングしやすい長さになったら、電気シェーバーやカミソリで毛を剃る
  4. 自己処理を行った箇所に保湿クリームを塗る

シェービングを行う際、毛の長さを残す必要はありません

Iラインの自己処理のやり方

Iラインの自己処理は、次の手順で行います。

  1. 毛の散らばりを防ぐために、新聞紙のような大きな紙を広げて上に座る
  2. Iラインの下にくるように鏡を置いて確認しながら、Iラインの毛をハサミで少しずつ短くカットする
  3. シェービングしやすい長さになったら、電気シェーバーまたはカミソリで毛を剃る
  4. 自己処理を行った箇所に保湿クリームを塗る

内側の自己処理がしにくい場合は、皮膚を外側に引っ張りながら剃りましょう

電気シェーバーが届かない箇所は、小さなカミソリを使用するとスムーズに剃れます。

どうしても剃れない箇所は無理をせず、クリニックでシェービングしてもらいましょう。

VIO脱毛前の自己処理で失敗しないためのポイント

VIO脱毛前の自己処理で失敗しないためのポイントは、次のとおりです。

  • 剃毛は風呂上がり・シャワー後に行う
  • 皮膚のシワを伸ばしながら剃毛する
  • 剃毛後は保湿する
  • 毛抜きや脱毛クリーム・ワックスは使わない

上記を守らないと、肌が傷ついたり乾燥したりする恐れがあります。

肌の状態が悪いと施術を受けられない場合もあるため、VIOの自己処理は慎重に行いましょう。

VIO脱毛前に自己処理をする際のポイントについて、詳しく解説します。

剃毛は風呂上がり・シャワー後に行う

VIO脱毛前の自己処理は、お風呂上がりまたはシャワー後に行いましょう。

自己処理の前にVIO周辺を綺麗に洗浄しないと、雑菌が繁殖してニキビが発生したり毛嚢炎になったりする恐れがあるからです。

なお、自己処理前にお風呂やシャワーを済ませておくと、毛が柔らかくなって剃りやすい上に肌への負担も軽減されます。

皮膚のシワを伸ばしながら剃毛する

VIO脱毛前に自己処理をする際は、皮膚のシワを伸ばしながら剃毛しましょう。

VIOは狭い部位のため、皮膚を伸ばして丁寧にシェービングしないと、肌が傷ついたり痛みが生じたりする場合があります。

剃毛後は保湿する

VIO脱毛前に自己処理をしたあとは、必ず肌を保湿しましょう。

剃毛後の肌は、非常に乾燥しやすい状態だからです。

ただし、VIO脱毛の施術を受ける日は、保湿クリームを使用してはいけません

施術当日に保湿クリームを使用すると、脱毛効果に影響する恐れがあります。

毛抜きや脱毛クリーム・ワックスは使わない

VIO脱毛前の自己処理では、毛抜きや脱毛クリームやブラジリアンワックスは、絶対に使用しないでください。

いずれも肌への負担が大きく、VIO脱毛の施術を受けられなくなる恐れがあるからです。

なお、毛抜きやブラジリアンワックスは毛を根元から抜くため、VIO脱毛の施術効果も得られなくなります。

VIO脱毛前の自己処理後に起きがちなトラブル

VIO脱毛前の自己処理では、次のようなトラブルが起こるリスクがあります。

  • カミソリ負けして痛みが出る
  • かゆみがあらわれる

それぞれ、どのように対処すればよいのか解説します。

カミソリ負けして痛みが出る

VIO脱毛前に自己処理を行うと、カミソリ負けして痛みが出る場合があります。

カミソリ負けしたり肌に傷がついたりした場合、VIO脱毛の施術を受けられないため、施術日を変更しなくてはいけません。

スケジュール通りにVIO脱毛を行うためにも、自己処理の際はシェービングクリームを使用し、カミソリ負けを防止しましょう

同じ箇所を何度もシェービングしないことも、カミソリ負けを防ぐ上で重要です。

かゆみがあらわれる

VIO脱毛前の自己処理で肌が乾燥することで、かゆみがあらわれる場合もあります。

症状の度合いによってはVIO脱毛の施術が受けられない場合もあるため、自己処理後にかゆみが生じた場合はクリニックに相談しましょう。

自己処理によるかゆみは、肌をしっかりと保湿することで防げます

VIO脱毛の施術をスケジュール通り受けるためにも、自己処理後は保湿を忘れないようにしましょう。

後悔しないVIO脱毛ならメンズクララへ

VIO脱毛で後悔したくない方には、メンズクララがおすすめです。

最新型の脱毛機「サンダーMT」を導入しており、痛みを抑えつつも高い脱毛効果が期待できます

脱毛完了までの回数目安は10回以内で、極力早く脱毛を終えたい方にもおすすめです。

テスト照射にも対応しているため、機械の性能や痛みの度合いが気になる方は、ぜひ気軽にご相談ください。

メンズクララのVIO脱毛には、次の特徴があります。

  • サンダーMT使用で永久的な脱毛効果が得られる
  • 2種類の麻酔使用で痛みを最小限に抑える
  • プライベート空間での施術で恥ずかしさが緩和される
  • デザイン脱毛もおこなう
  • 照射漏れには無料で対応する

それぞれ詳しく解説します。

サンダーMT使用で永久的な脱毛効果が得られる

メンズクララのVIO脱毛では、イタリアの最新型脱毛機「サンダーMT」を使用しているため、高い脱毛効果が得られます。

サンダーMTとは、熱破壊式・蓄熱式両方の脱毛方式が利用可能な脱毛機です。

発毛組織を破壊するヤグレーザーと、皮膚への負担が少ないアレキサンドライトレーザーが搭載されています。

サンダーMTでは、単独の波長での照射はもちろん2つの波長をミックスした照射も可能で、さまざまな毛質や肌質に対応可能です。

休止期の毛や産毛にもアプローチしたい方や、日焼け肌でも施術を受けたい方は、サンダーMTを検討してみてください。

55mm×55mmの広範囲に照射可能な点も、サンダーMTの強みです。

従来は2〜3時間かかっていた施術を最大半分の時間に短縮できる上に、レーザーの照射漏れリスクも軽減されました。

スピーディーかつ確実なVIO脱毛を希望する方は、ぜひ一度メンズクララにご相談ください。

2種類の麻酔使用で痛みを最小限に抑える

メンズクララでは、麻酔クリームと笑気麻酔の2種類を採用しており、痛みが強い傾向にあるVIO脱毛も安心して受けられます。

笑気麻酔とは、麻酔のガスを鼻から吸うことで、お酒を飲んだときのようなふわふわとした意識で施術を受けられるものです。

日焼け肌の方に笑気麻酔を使用したところ、あっという間に施術が終わったという感想もいただいています。

メンズクララでは、麻酔クリームと笑気麻酔の併用も可能です。

VIO脱毛の痛みが不安な方や、笑気麻酔に対応しているクリニックをお探しの方は、ぜひ一度ご相談ください。

プライベート空間での施術で恥ずかしさが緩和される

VIO脱毛を行う際の恥ずかしさを緩和するために、完全にプライベートな空間を用意している点も、メンズクララの特徴です。

施術中に人目が気になることは一切ないため、ご安心ください。

スタッフの前でデリケートゾーンを露出することに、抵抗がある男性もいるかもしれません。

しかし、メンズクララではデリケートゾーンの露出が必要最低限になるよう、タオルを使用して工夫しながら施術を行っているため安心です。

リラックスしてVIO脱毛の施術を受けたい方には、メンズクララをおすすめします。

デザイン脱毛もおこなう

メンズクララは、VIOのデザイン脱毛が行えるクリニックです。

クリニックによってはメンズのVIO脱毛は行っていないため、他院でデザイン脱毛を断られた方は、ぜひ当院にご相談ください。

VIOのデザインを綺麗に整えることは、自己処理では難しい傾向にあります。

メンズクララでは、患者様の要望に沿ってプロの施術者がVIOの毛を整えるため、VIOのデザインで失敗したくない方におすすめです。

照射漏れには無料で対応する

VIO脱毛の施術を受ける際の不安といえば照射漏れですが、メンズクララでは照射漏れに無料で対応しています。

万が一照射漏れを発見した場合は、剃毛は行わずに施術後3週間以内にご来院ください。

なお、メンズクララでは広範囲に照射できるサンダーMTを使用しているため、従来の機械よりも照射漏れリスクは軽減されています。

まとめ

VIO脱毛前の自己処理は、施術前日までに済ませる必要があります。

自己処理を行う際は、眉毛バサミや電気シェーバーや保湿クリームが必要なため、事前に用意しておきましょう。

東京で後悔しないVIO脱毛をお探しの方には、デザイン脱毛にも対応するメンズクララがおすすめです。

要望に沿ってプロの施術者が毛を整えるため、VIOのデザインで失敗することがありません。

施術には最新型の脱毛機サンダーMTを使用しており、高い脱毛効果が期待できます。

10回以内に脱毛完了するケースが多いため、極力早く脱毛を終えたい方にもおすすめです。

クリニックは表参道駅A5出口より徒歩2分で、アクセスの良さを重視する方でも納得して通っていただけます。

施術時の痛みを最小限にするために麻酔も2種類用意しているため、VIO脱毛を検討している方はぜひ気軽にご相談ください。

記事監修医師プロフィール

医療法人社団Clara理事長
メンズクララ院長/医師

神林由香

日本皮膚科学会正会員。日本抗加齢学会正会員。メンズヘルス医学会会員。 美容外科専門医(JSAS)。
東京大学理科2類中退後、2011年香川大学医学部卒。
東京女子医科大学病院初期研修、東京女子医科大学病皮膚科入局、2016年大手美容外科都内分院スキンクリニック院長などを経て現職。