コラム

COLUMN

  • TOP
  • コラム
  • メンズVIO脱毛には医療用と家庭用どちらの脱毛器がおすすめ?効果の違いや特徴を解説

メンズVIO脱毛には医療用と家庭用どちらの脱毛器がおすすめ?効果の違いや特徴を解説

「VIO脱毛してみたいけど自分でできる脱毛器って効果あるの?」
「医療用脱毛器と家庭用脱毛器の違いが知りたい」
「VIO脱毛におすすめの脱毛器は?」

身だしなみのひとつとしてムダ毛の処理をすることが一般化しつつある近年、VIOを脱毛したいと考えている男性が増えています。

VIOの脱毛にはいくつかの方法がありますが、デリケートな場所だけになるべく少ない回数で効果が高い方法を選びたいという男性には、医療用脱毛器がおすすめです。

しかし、VIO脱毛は人に見られるのが恥ずかしいという羞恥心から、自分でできる家庭用脱毛器を選択したいという男性も多いのではないでしょうか。

今回は家庭用脱毛器と医療用脱毛器の違いをくわしく解説しますので、脱毛方法に迷っていたら、ぜひメンズクララの医療脱毛にご相談ください。

RESERVEご予約はWEBから承っておりますのでこちらからお願いいたします。

医療用脱毛器と家庭用脱毛器の違いとは

そもそも脱毛とは医療行為のため、脱毛できるのは医療機関で使用する医療機器である脱毛器のみです。

しかし、半永久的な脱毛効果ではなく、一時的な除毛や毛を生えにくくする抑毛効果であれば家庭用脱毛器でも効果を実感できるでしょう。

ここでは医療用脱毛器と家庭用脱毛器の違いについて詳しくみていきますので、自分の希望にどちらが当てはまるか参考にしてください。

医療用脱毛器の特徴

医療用脱毛器に使用されるレーザーは、波長の長さによりアレキサンドライトやヤグなどの種類に分けられ、さらに熱破壊式と蓄熱式といった照射方法の違いがあります。

いずれも毛の濃さや個人差による効果の実感までの期間に差があるものの、照射回数を重ねることで半永久的な脱毛効果を期待できます。

医療用脱毛器はクリニックや病院など医療機関にのみ設置されており、医師や看護師といった医療従事者による施術が必要です。

肌質や毛質に合わせて細かいパワーの調節が可能なため、濃い肌色や色素沈着部位のほかにうぶ毛の脱毛にも対応できるケースがあります。

家庭用脱毛器の特徴

一般に市販されている家庭用脱毛器は、光を照射するタイプと毛を引き抜くタイプの2つに大きく分けられますが、どちらもVIOに使用できるものとできないものがあるため購入前にしっかり確認する必要があります。

家庭用脱毛器は、抜くことによる一時的な除毛や毛の細胞にダメージを与え成長を遅くさせる抑毛効果が期待できますが、半永久的な脱毛効果はありません

脱毛器の使用方法や設定を購入後自分で管理することや、消耗部品の交換や手入れなどメンテナンスを定期的に行う必要がありますので自己管理が不十分だと除毛や抑毛効果に影響するおそれがあります。

VIO脱毛における医療用脱毛器と家庭用脱毛器のメリットデメリットとは

医療用脱毛器のメリットはなんといっても脱毛効果が高いことですが、家庭用脱毛器には他人にデリケートゾーンを見られることなく自分で処理できるといったメリットがあります。

ここではそれぞれのメリットデメリットについて解説しますので、自分にとってどちらが有益なのか参考にしてください。

医療用脱毛器のメリットデメリット

メリット

医療用脱毛器は、効果が高く半永久的な効果が期待できるため、将来の介護脱毛や、今後生やすことはないと考えているのであれば、施術回数が少なく脱毛が終了するというメリットがあります。

また、クリニックや病院などで医療従事者による施術が受けられるため、安心安全な施術が受けられ肌トラブルなどを相談しやすいことも大きなメリットでしょう。

デメリット

医療用脱毛器のデメリットは少ないものの、施術時に痛みが伴うことや費用が高額ということが挙げられます。

しかし、施術時の痛みは脱毛器に搭載されている冷却機能などの疼痛緩和機能や、麻酔の使用により軽減できることが大半です。

また、費用が高額と感じるかもしれませんが、医療用脱毛器の場合脱毛終了までの回数が少なく済むことから、ほかの脱毛に比べてトータルコストや脱毛にかかる手間が少なくすむため、結果的にデメリットとはならないと言えるでしょう。

家庭用脱毛器のメリットデメリット

メリット

家庭用脱毛器は自宅で自分の好きなタイミングで使用できるため、デリケートゾーンを他人に見られることや脱毛していることを知られることがないというメリットがあります。

また、VIOのみではなく全身にも対応した器械であれば、器械を1台購入するだけで自分の好きな部位に使用できることもメリットだと言えるでしょう。

デメリット

自分で脱毛器を使用するため手が届きにくく見えにくい部位が処理しにくいことから、IラインやOラインを処理する際に誤操作による火傷などのトラブルの可能性があります。

さらに、家庭用脱毛器は定期的に繰り返し使用する必要があり、使用をやめると元の毛の状態に戻ることや、肌にダメージが蓄積し肌トラブルや色素沈着などが起きる可能性がありますが、使用は自己責任のため、肌トラブルが起こった場合自分で対処する必要があります。

また、脱毛器が壊れたり消耗品の交換の際にはその都度費用がかかるため、使い続けるほどコストが高くなるということもデメリットになるでしょう。

メンズVIO脱毛には医療用脱毛器がおすすめ

メンズのVIOはデリケートな部位のため、肌にダメージが少ない安心安全な脱毛が望ましいですが、効果が感じられなければ意味がありません。

医療用脱毛器と家庭用脱毛器それぞれの特徴やメリットデメリットを見ると、安全性や効果が高い医療脱毛器でのVIO脱毛がより満足度が高い結果になると考えられます。

VIOは毛や肌色が濃い場合が多く肌が密接して複雑に重なった部位のため、脱毛効果を最大限に高めるためには、さまざまな肌色や毛に対応できる脱毛器を使用し熟練した施術者によるきめ細かな照射が必要です。

メンズクララでは、アレキサンドライトとヤグという2種類のレーザーを搭載しひとりひとりの肌やけ質に合わせて脱毛できるサンダーMTを使用し、専門のスタッフが照射しています。

初めてのVIO脱毛や、ほかの脱毛で満足できなかった方はぜひ一度ご相談ください。

記事監修医師プロフィール

医療法人社団Clara理事長
メンズクララ院長/医師

神林由香

日本皮膚科学会正会員。日本抗加齢学会正会員。メンズヘルス医学会会員。 美容外科専門医(JSAS)。
東京大学理科2類中退後、2011年香川大学医学部卒。
東京女子医科大学病院初期研修、東京女子医科大学病皮膚科入局、2016年大手美容外科都内分院スキンクリニック院長などを経て現職。