「無料カウンセリング」の罠

男性美容の基本知識 美容整形について

「無料カウンセリング」の罠についてお話します。

なんで美容クリニックのカウンセリングは無料なの?

弁護士など専門家のカウンセリング料金は、1時間で◯万円など時間制で決まっていることも多いです。

なのに、なぜ美容クリニックのカウンセリング料金は無料のところが多いのでしょうか?

みんな無料だから

ひとつの理由として、商習慣があります。

商習慣とは「同業者がみんなそうやってるから自分たちも同じようにやる」というような、なんとなく決まっている商売のやり方という意味です。

通帳を持っているだけで1万円かかる銀行ってどうよ?

銀行で口座を開いても、ほとんどの場合でお金がかからないですが、これも商習慣によるものと言えます。

多くの銀行が口座開設および維持手数料を無料にしていれば、なかなかその手数料が有料の銀行で口座を持とうとは思わないものです。

通帳を持っているだけで例えば年に1万円もかかるような銀行に口座を持ちたいと思うでしょうか?

その分、銀行は他のところで利益を確保する仕組みになっています。

カウンセリング以外で利益を出す仕組み

それと同じように、多くの美容クリニックがカウンセリング料を無料にしています。

その分、カウンセリング以外の部分で利益を確保する仕組みになっているのです。

美容施術を受ける上で1番大切なのは、正しい診断

「かっこよくなりたいけど、どこをどうしたら良いか自分では分からない。ずっと気にしていた、目元を少し変えればいいのか??」

そう悩んだ時、1番大切なのは本当に目元を変えればかっこよくなるのかという問いに対して正しい答えを探すことです。

 

他記事でも触れましたが、美醜は配置バランスが9割なので例えば一重を二重にしたところで全体の美貌レベルはさほど上がりません。

(場合によっては下がることもあります)

 

二重が好きでどうしても二重にしたいなら、自分の判断でそうすれば良いので話は別。

ですが、「かっこよくなりたい」のであればそれが正解とは限らないのです。

かっこよくなるには自分は何をすればいいのか?

その答えを探すとき、考えるべき大切なポイントは主に3つです。

  1. 顔や体型の問題なのか?それともファッションなどの問題なのか?
  2. 顔が問題だとしたら、どうやってバランスを整えるか?
  3. バランスを整えるには、具体的にどんな施術を受ければ良いのか?

 

この3つに対する答えを無料カウンセリングで得られるかが重要です。

多くの美容クリニックでは現状、この大事な1~3の思考過程は患者様本人に委ねられます。

 

それで出された結論をもとに、

  1. 二重にしようと自分で決意
  2. 自分でクリニックを検索
  3. カウンセリングで施術の細かい説明を受ける
  4. 実際に施術を受ける

という流れ作業になっています。

 

細かい目的を達するために、それはそれで悪くありません。

ただ、「美容についての相談をする」というカウンセリングの本質的な部分が抜け落ちている感は否めません。

無料カウンセリングは利益の高い施術への誘導?!

「何をどうしたら良いか分からないから、そこを相談したい」というご要望は多く、本来はじっくりカウンセリングすることが大切なのですが無料カウンセリングでは限界があります。

なかには、利益の大きい施術に誘導するような悪徳と呼ばれるようなクリニックもあります。

 

逆に高い施術を提案できないケースも……。

なた本当に患者様に必要と思われる施術でも「悪徳」と言われるのを恐れて価格の高いものはこちら(ドクターサイド)からは薦めにくいという遠慮する気持ちも出てきます。

本当は必要なのにそれをせず、安い施術でお茶をにごしても、かえってお金の無駄かもしれません……。

無料カウンセリングは目的のものをピンポイントでこなすには悪くないですが、しっかり相談できるかどうかというと微妙なところというのが実情です。

無料カウンセリングだけで価値の高い情報を得るのは難しい

そもそも医師資格は弁護士資格と並び称されますが、一般的にそのカウンセリング料には劇的な差があります。

その時点で、まず疑問を持った方が良いです。

保険診療は素晴らしいシステムではありますが、3時間待ちの3分診療と呼ばれるように、短いカウンセリング時間で満足な相談ができないのは周知の事実です。

同様に美容クリニックの無料カウンセリングも、それだけで簡単に有益な情報が得られるとは考えにくいです。

無料カウンセリングで「正しい診断」を受ける方法

では無料カウンセリングで「正しい診断」を受けるにはどうしたらいいのでしょうか。

そのドクター、信頼できますか?

まずは、本当に正しいことを言ってくれるドクターなのかどうかが1番です。

が、これをインターネットなどの外からの情報だけで判断するのは非常に難しいです。

個人の人柄はもちろん大切ですが、それぞれにしがらみがあることも多々あります。

例えば全国に展開しているようなクリニックの場合、その本部からの規制もあってなかなか本当のことが言えなかったり、逆に自分で経営してない雇われだからこそ利益を度外視して色々教えてくれることもあります。

個人経営だとしても、同じようにドクターのスタンスは様々です。

友達に嘘はつけない

1番良いのはそのドクターとプライベートで親しい友人になることですが、それは例外パターンでしょう。

それを除けば、1番良いのは定期的に通って少しずつ信頼関係を築くことです。

信頼して通ってくださる患者様を雑に扱うような人は少ないです。(と信じたい……!)

看護師と仲良くなるといいことを教えてくれます

ドクターだけでなく、もし担当などがいれば看護師と仲良くなって情報を聞き出すのはとても有益です。

本当に多くのことを知っていて、悪い情報もしっかり伝えてくれたりします。

私は普段の診療で患者様から他のクリニックで看護師さんから「うちの先生は◯◯だからあんまり良くない」と言われてこちらに来院しましたというような話をたくさん聞きます。

私の場合は人のふり見て我がふり直せですが……。(笑)

参考:美容クリニックの選び方〜浮気してもいいけど、浮気しすぎるとツケがまわってきます

関連記事

この記事へのコメントはありません。