コラム

COLUMN

  • TOP
  • コラム
  • VIO脱毛はどんな格好で行くべき?来院時に適した服装と下着の選び方をチェックしましょう

VIO脱毛はどんな格好で行くべき?来院時に適した服装と下着の選び方をチェックしましょう

近年は医療脱毛の需要が高まっており、女性だけでなく男性にもご利用いただけるクリニックが全国各地に点在しています。

当院では、美容に関心を持つ男性に向けて様々なサービスを提供しています。

VIO脱毛もその一つです。

メンズクララではデリケートゾーンであるVIO(陰茎・陰嚢、ビキニラインなど)を脱毛していただくことができます。

しかし、VIO脱毛の施術を検討される方の多くは胸の内側に複数の悩みを抱えているのではないでしょうか。

デリケートゾーンの脱毛をするにあたって「恥ずかしい」と悩まれる男性は多いです。

それだけでなく、ご来院いただく際の服装選びについてお困りの方を見かけることもあります。

本記事では「VIO脱毛の当日はどんな格好でクリニックに行くべき?」とお悩みの方に最適な服装やインナーウェアなど、来院時に生じる問題への解決策を紹介させていただきます。


VIO脱毛に行く時はどんな格好が最適?


VIO脱毛のためにクリニックへ来院する際、どのような衣服を着るべきかお悩みの方は何人もいらっしゃいます。

施術前の問診・カウンセリングで胸中を吐露する方も多く、デリケートな問題であるためになかなか言い出せない方も少なくありません。

はたしてどんな格好が最適なのでしょうか。

この項目では来院時におすすめの服装について説明させていただきます。

来院時の服装について

クリニックに赴く際の服装に悩む方は少なくないでしょう。

重要な用事がある日はスーツ、寝る前はパジャマといったふうに服装を分けることが容易に思い浮かびますが、来院時の格好に関しては「何を着ていけばいいんだ?」と思われてしまいがちです。

また、何らかのマナーがあればどうしようと考えている方も居るかもしれません。

とはいえ来院時の服装に明確なマナーが定められているわけではありません。

基本的には自由に衣服を着用してご来院いただけます。

しかし施術中に身につけている衣服(ズボン・パンツなど)を脱ぐからといってクリニックへ来院していただく日に雑に服装を選ぶよりも、施術に適した格好になることでVIO脱毛の時間短縮に繋がる場合もあります。

時間短縮には着脱しやすい衣服を利用することが挙げられます。

施術に適した格好について、より詳しく解説させていただきます。

着脱しやすい服を選びましょう

デリケートゾーンの脱毛を試みるVIO脱毛に恥ずかしさを感じる方は少なくありません。

なるべく施術を早く終わらせたいと考えている方にとって、着脱しやすい服を着ることには大きなメリットがあります。

例えば、ほとんどのクリニックでは施術前に下着を紙ショーツに着替える機会があります。

その着替えに時間がかかればかかるほど、緊張が増してしまいます。

着脱しにくい衣服を着ても同じ、そう思われる方も多いかもしれません。

しかし施術を恥ずかしく思う方にとっては、時間短縮できれば羞恥心を感じる時間が減ることになります。

そのため、着脱しやすい衣服を着ていただくことでメリットが生じるケースも存在するのです。

着脱しやすい服装としては主にラフな格好が挙げられます。

Tシャツやジーンズ、スラックスなど、あまり身体を引き締めることのないゆったりとした衣服の着用がおすすめです。

暑い季節は衣服の通気性も重要?

サマーシーズンには通気性のある衣服を着用することも大切です。

特に夏は汗をかきやすく、服がべたついてしまう季節です。

汗をかけば衣服は脱ぎにくくなるため、なるべく通気性があり、さらに速乾性に優れた衣服を着て来院していただければスムーズに着脱できます。

空気を通しやすい・汗が乾きやすい素材を使用し、機能性に優れた夏のメンズファッションを着用してお越しいただければ幸いです。

ラフな格好でご利用いただけます

先の項目で言及した通り、VIO脱毛はラフな格好でご利用いただけます。

Tシャツにジーンズという出立ちでも構いませんし、スウェットパンツやスラックスなど、格式にこだわらないカジュアルな服装でご来院いただけます。

マナーは定められていないため、格好は自由です。

ご来院の際はあらかじめ電話・WEBを通してご相談していただければ幸いです。

仕事帰りのスーツ・ジャケットもOK

ラフな格好はもちろん、仕事帰りにスーツやジャケットを着用したままの状態でも問題なくご来院いただけます。

わざわざ自宅に戻って着替える手間が必要ないため、気軽にクリニックを利用していただけるのがメリットでしょう。

ラフな服装でなければならないという決まりもないため、自由な服装でお越しください。

施術後は下着の選び方にも注意!


施術中は紙ショーツを着用して段階的に脱毛を進めていくため、インナーウェアに違和感を覚えることはありません。

しかし施術後に下着を着用した際、施術箇所に普段より圧迫感があったり、奇妙な感覚を与えられやすくなる場合があります。

そういったケースは下着の選び方が術後の肌に適していない恐れがあります。

なぜ着用するインナーウェアに注意しなければならないのか、その疑問にお答えします。

施術後の肌は敏感になっている

VIO脱毛を終えた後の肌は敏感な状態になっています。

外部からの刺激に弱く、インナーウェアによって圧迫されたり、摩擦が生じることで肌に異常が生じる可能性もあるのです。

そのため、なるべく肌に優しい下着を着用することが求められます。

下着選びでは使用されている素材(繊維)に注目しましょう。

素材について次の項目で詳しく触れていきます。

男性用下着の種類について

男性用下着には様々な素材が使われており、それぞれの素材は速乾性や通気性、吸湿性・放湿性など、それぞれ異なる効果を発揮します。

インナーウェアは目についた品を適当に選ぶのではなく、細部にまで目を通す必要があります。

メンズ下着の種類をいくつか解説します。

綿(コットン)

綿(コットン)はもっともポピュラーな天然素材として知られており、天然ならではの柔らかな肌触りが特徴です。

色を染めやすく、容易に加工できるため、インナーウェアに限らず様々な用途に使われている素材でもあります。

綿に関してはもっとも下着に適した素材と称されることがあり、実際に誰もが安心して使用できるメリットも存在しています。

綿を使用した下着については後述させていただきます。

ポリウレタン

ポリウレタンは伸縮性が高く、力を加えてもすぐに元の形状に戻るメリットがあります。

重量も軽いためインナーウェアに適した素材の一つなのですが、温度や湿度の変化には弱いという欠点も持っています。

伸縮性に反して劣化しやすいデメリットがあるため、ポリウレタン単体が下着を作るにあたって使用される機会は少なく、強度を高める目的で他の素材(綿など)と混合されることが多いのが特徴的です。

レーヨン

綿を上回る吸汗性を持つレーヨンは心地よい履き心地が特徴的な素材で、吸水後は発熱効果が生じやすくなります。

つまりは保温性にも優れているため、レーヨン製の下着は寒い季節に着用するのが望ましいと考えられています。

しかし水シミができやすかったり、水に弱く縮みやすかったりと、吸汗性・保温性に優れる反面デメリットも存在します。

汗をかきやすい時期の着用は控えておくのが無難でしょう。

ナイロン

ナイロンは速乾性があり、しわになりにくいことからインナーウェアとして長く使い続けることが可能です。

ただしナイロンは静電気が発生しやすい素材としても知られています。

冬場は静電気が起こりやすく、指で触れた時にピリピリする場合もあります。

ナイロン製の下着を使用するのは暖かな季節が望ましいでしょう。

綿(コットン)が最適な理由は?

施術後に着用する下着の素材として、綿は非常に優れています。

インナーウェアの素材としてはもっともポピュラーであり、多くの人々に愛されている繊維です。

とはいえ、インナーウェアに使用される素材の中で非常に好まれているといえど、なぜ術後の肌に最適な素材なのかをご存知ない方もそう多くはないでしょう。

この項目では、綿が最適な理由について簡単に解説させていただきます。

まずは天然繊維と化学繊維の違いについてご紹介いたします。

天然繊維と化学繊維の相違点

天然繊維(綿)と化学繊維(ナイロン・ポリウレタンなど)には大きな相違点があります。

前者は自然由来の素材であるのに対し、化学繊維は天然繊維を加工して作られた素材を指しています。

化学繊維にも大きな利点がありますが、インナーウェアの場合は天然繊維で作られたものを着用するべきだと言われています。

天然繊維である綿は通気性や柔らかさに優れた素材です。

加工しやすい素材のため、インナーウェアに限らず様々な製品に使用されているのが特徴でしょう。

衣類の材料としては非常にポピュラーで、下着との相性も抜群です。

綿とインナーウェアの相性

インナーウェアと綿は相性抜群のコンビネーションを発揮してくれます。

天然繊維ならではの柔らかさや通気性はもちろん、吸湿性・放湿性に耐久性もあり、さらには夏に涼しく冬に暖かくなる利便性を備えている万能素材です。

天然繊維には動物繊維の一種であるシルクも含まれます。

しかし、絹は肌触りが優れているものの、吸湿性や耐久性が低いデメリットがあります。

コットンで作られたインナーウェアを着用すれば術後も快適に過ごせるでしょう。

綿は肌に優しい素材です

VIO脱毛をおこなった後の肌は刺激に弱く、化学繊維で作られたインナーウェアでは締め付けや摩擦によってダメージが与えられやすくなってしまいます。

そのため、綿(コットン)が使用された下着を着用することで、術後の敏感肌でも安心して過ごせるようになります。

綿は肌に優しい素材です。

メンズ下着を選ぶ時はぜひ素材にも注目してみてください。

VIO脱毛のスペシャリストが対応します


来院時の格好や施術後に着用するインナーウェアなどについて充分にご理解いただけたでしょうか。

あらためて要点を振り返ります。

・来院時の服装に明確な決まりはありません

・ラフな格好や仕事着でもご利用できます

・下着の選び方にも充分に注意しましょう

・インナーウェアは肌に優しい綿(コットン)が素材になっている品を選びましょう

メンズクララでは、これまでにVIO脱毛を複数回おこなってきた経験のあるスペシャリストが施術を担当させていただきます。

また、今回ご紹介した服装に関する悩みはもちろん、VIO脱毛に関する不安や疑問、質問等あれば担当のスタッフが丁寧にお答えいたします。

VIO脱毛をおこなうクリニックをお選びの際はぜひ当クリニックを利用していたたければ幸いです。

記事監修医師プロフィール

メンズクララ院長/医師

神林由香

日本皮膚科学会正会員。日本抗加齢学会正会員。メンズヘルス医学会会員。 美容外科専門医(JSAS)。
東京大学理科2類中退後、2011年香川大学医学部卒。
東京女子医科大学病院初期研修、東京女子医科大学病皮膚科入局、2016年大手美容外科都内分院スキンクリニック院長などを経て現職。