疲れて見えてしまう目の下のクマは、年齢問わず気になるものです。

マスク生活が続く中、注目されるようになったのが目の下のクマ取り施術ですが、手軽にできる反面、失敗してしまったという声もあがっています。

目の下のクマ取りで失敗してしまうのにはどのような理由があるのでしょうか。

この記事では、目の下のクマ取りの失敗事例と、目の下のクマ取りで失敗しないためにできることをお伝えします。

なお、目の下のクマ取りは、メンズクララでも行っています。

数千件以上の症例数を持つ院長が自ら施術を行っていますので、目の下のクマでお悩みならご相談ください。

クマ取りでよくある失敗とは?


目の下のクマ取り施術は、手軽に行えると言われているものの、口コミでは失敗してしまったという声も見られます。

クマ取りで起こりやすい失敗として、クマが解消されない、たるみやシワがより目立ってしまう、左右差が生じてしまうなどがあげられます。

クマが解消されない

目の下のクマの多くは黒クマとされていますが、中には、黒クマだけでなく血行不良が原因の青クマや、色素沈着が原因の茶クマなども一緒に起きている方がいます。

このような場合、黒クマを解消する施術を受けただけでは、クマが解消されない可能性があるのです。

複数のクマが原因となっている場合は、目の下の脂肪取りだけでは思うように改善しない可能性があります。

クリニックで、クマの種類をきちんと診断できていない場合、施術を受けたのにクマが解消されなかったということになってしまうのです。

たるみやシワが目立ってしまう場合も

目の下の黒クマを解消するためには、目の下にある脂肪を取り除きます。

しかし、脂肪を取ってしまうことにより、皮膚が余るケースもあり、このような場合は、余った皮膚がたるんだり、シワとなり目立ってしまいます。

目の下の皮膚が余る可能性がある場合は、他の施術と目の下のたるみを取り除く施術を組み合わせる必要があるでしょう。

事前にそのリスクを説明し、組み合わせ施術の提案をしてくれるクリニックを選びましょう。

左右の目の下に差ができてしまう

目の下の脂肪取りは、左右どちらも行いますが、脂肪を取り除く量が左右で異なる場合、左右差が生じてしまう可能性があります。

特に顔は左右非対称なので、完全に対象に仕上げることは難しいのです。

目の下のクマを解消するためにヒアルロン酸注入を行うこともありますが、この場合も左右差が生じる可能性があるでしょう。

クマ取り施術で失敗したら修正は可能?

目の下のクマ取りで失敗してしまった場合、再施術を受けることは可能です。

施術を受けたクリニックで再施術の相談をしてみましょう。

また、施術を受けたクリニックで再施術を行うのが不安という場合は、他のクリニックに相談されるのもひとつの方法です。

なお、再施術はすぐに行うことはできません。

施術後のダウンタイムが終わり、仕上がった状態となってからになります。

失敗の場合の修正に関しては、保証が設けられているケースもあるため、施術を受ける際に術後のアフター保証についても確認しておきましょう。

クマ取りで失敗しないために大事なこと

クマ取りで失敗しないためにできることは、クリニック選びを慎重に行うことです。

手軽に受けられると注目されているクマ取り施術ですが、価格が極端に安いクリニックや、無料モニターを募集しているクリニックで受けてしまうと、経験が少ない医師が施術をする恐れもあるため注意しなければいけません。

経験豊富な医師の施術を受ける

クマ取りの施術を受ける際は、経験豊富な医師の施術を受けましょう。

医師の技術が未熟だとクマ取り施術で失敗してしまう可能性があります。

症例数を公開しているクリニックや、症例写真を掲載しているクリニックは、実際のクマ取りの施術結果が分かるので安心できるでしょう。

また、カウンセリングの際にも症例写真を見せて説明してくれるクリニックだと安心です。

施術によるデメリットも把握しておく

クマ取りの施術は、手軽にクマを取ることができますが、施術によりデメリットも生じます。

クマ取りの施術で起こり得るデメリットについてもきちんと説明してくれるクリニックが安心です。

ヒアルロン酸を注入しクマを解消させる場合、効果が半永久的ではないこと、ヒアルロン酸注入だけでクマが解消されないケースもあることなどがデメリットです。

目の下の脂肪取りの場合は、目の下のたるみやシワが目立ってしまうケースがあることや、他の施術との組み合わせが必要になる場合があることなどがデメリットです。

デメリットを説明した上で、どのような対処法があるのかについても提案してもらえるクリニックであれば信頼できるでしょう。

アフターサポートを確認する

クマ取りの施術を受ける場合、施術後のアフターサポートも確認しましょう。

施術後にトラブルが起きた場合に診察や再施術などに対応してくれるのかどうかをカウンセリングの際に確認しておきましょう。

メンズのクマ治療ならメンズクララへ


メンズクララは、男性のクマ取り施術に精通しているクリニックです。

院長自ら施術を行っていて、症例数は数千件を超えています。

幅広い世代の男性が受けている症例写真も確認できるので、お気軽にご相談ください。

男性の美容医療への関心は年々高まっており、ヒゲ脱毛をはじめとしてVIOも人気の高い部位のひとつです。

しかし、実際はデリケートゾーンであるVIO脱毛に対して、抵抗のある男性も多いのではないでしょうか。

この記事では女性からみた、メンズVIO脱毛に対する意見を中心にまとめました。

ぜひ最後までお読みいただき、気になることの質問やご相談はメンズクララまでお気軽にお問い合せください。

メンズのVIO脱毛をしてほしい!賛成派の女性割合は約7割


メンズのVIO脱毛に関心の高い男性は、20代から50代まで幅広くいらっしゃいます。

VIO脱毛のメリットは、お手入れのしやすさや清潔の維持、蒸れの解消など多数ありますが、女性からの意見が気になり脱毛に踏み切れない方も一定数いらっしゃるようです。

『collect』による20〜30代の女性100人への調査によると、男性のしまえば脱毛に関して肯定的な意見が多いようです。

「男性がVIO脱毛してると女性にひかれる」と心配される男性の意見もありますが、実際のところは、メンズのVIO脱毛に賛成派の女性は約7割です。

メンズのVIO脱毛に賛成派の女性の意見

メンズのVIO脱毛について、賛成派の女性の意見を具体的に紹介します。

まずは、「清潔感がある」といった理由です。

メンズのアンダーヘアは、縮れが強く太い毛質です。

とくにOラインは毛が絡まって不潔になりやすいですが、脱毛をしていると洗いやすく拭きやすいです。

アンダーヘアを脱毛すると見た目がすっきりするだけでなく、拭き残りがなくなったり蒸れが解消されたりと実際にも清潔を維持しやすくなります。

つぎは「スキンシップに積極的になれる」という理由です。

これは男性にとっても女性にとっても、嬉しい結果ではないでしょうか。

アンダーヘアがなかったり整っていると、毛が絡まることがないのでスキンシップに積極的になれる、という女性の意見も多いようです。

また「女性の美容に対しても理解してくれそう」と考える女性の意見もあります。

男性の美容医療への関心が高まっているとはいえ、美容クリニックの利用者は半数以上女性です。

美しさにお金をかけることや、医療を活用すること、脱毛をすることへの理解をしてもらえそうとの意見も多くあります。

男性がVIO脱毛をしていて引かれてしまう、なんてことはほとんどなく、むしろ賛成派の女性が大半です。

メンズVIO脱毛に反対派の女性の意見

メンズVIO脱毛に反対派の意見に関しては、「女性の美容にも厳しそう」といったものがあります。

女性の考えとして、男性自身が美容や脱毛に気を遣っているのと同じように、女性にも美意識の高さを求められてしまいそうとプレッシャーに思うケースもあるようです。

また「VIOの脱毛までは必要ないと思う」といった女性の意見もあります。

男女問わず、人によってはVIO脱毛のメリットや効果をあまり重要視していない方もいらっしゃいます。

清潔感や抜け毛の対策、蒸れの解消などVIO脱毛のメリットは多数ありますので、パートナーとの話し合いでも解消できそうな意見です。

メンズVIO脱毛は「整える」が人気

VIO脱毛は「ハイジニーナ」「形を整える」「毛量を減らす」など、いくつかパターンがあります。

デリケートゾーンを無毛の状態にするハイジニーナの文化はもともと日本にはないため、突然のハイジニーナに抵抗がある男性もいらっしゃるでしょう。

クリニックで脱毛の施術をする場合、Vライン、Iライン、Oライン別に整えて、自然なデザインを目指すことが可能です。

カウンセリングを通して、施術後のイメージを共有しデザインを決定することができます。

メンズのVIO脱毛に賛成の女性は大多数!メンズクララにご相談を


メンズのVIO脱毛に賛成派の女性は全体の約7割いらっしゃいます。

女性にとって、男性のVIO脱毛はとっても好印象で、否定派の意見も男性に対して引いたり、嫌悪感を抱くようなものではありません

パートナーがいらっしゃる方は、相談をしてVIO脱毛のメリットを共有できるとより良いかもしれません。

VIO脱毛のデザインも、メンズクララにお任せください。
 
不安なことやご質問は、お気軽にメンズクララへお問い合わせください。

疲れて見えてしまうクマ、なんとかしたいと思いますね。

クマを解消させるためには、まずクマの種類を知り、それに合わせたケアを行う必要があります。

この記事では、クマのケアについて徹底解説しています。

なお、クマが目立って気になる・・・というお悩みは、メンズクララで解決可能です。

メンズクララでは、様々なクマ治療を受けることができるのでまずはご相談ください。

くまができる原因とは?


くまができる原因は、睡眠不足やストレス、生活習慣の乱れ、加齢などが挙げられます。

加齢とともにくまはより目立ってしまうと言われていて、これは皮膚の老化や目の下のたるみ、色素沈着などが原因です。

私生活で気をつけたいくまを作らないためにできること

くまを作りたくない、少しでも改善させたいという場合は、まず生活習慣を見直しましょう。

くまができる原因として睡眠不足をあげましたが、毎日夜更かししている場合は、やはり睡眠不足でくまが出てしまいます。

また、スマートフォンの使い過ぎで目を酷使してしまうと、目の周りの血流が悪くなり余計にくまは目立ちます。

紫外線を浴びることが多い方も、皮膚の老化が進みやすくくまが目立つ傾向にあるので注意しましょう。

皮膚の老化を防ぐために、日焼け止めやサングラス、帽子、日傘を活用し、アイクリームなどで目をケアしてあげてください。

また、抗酸化作用の高い食べ物を取り入れて、肌の老化を身体の中から防ぐことも効果的です。

このように、私生活でクマができないようにするためにできることは沢山ありますので、できることから実践しましょう。

くまには主に3つの種類がある

くまには、大きくわけて3つの種類があります。

それぞれの特徴をまとめておきますので、ご自身のくまがどれにあたるのかチェックしてみてください。

黒くまとその発生原因

黒くまは、皮膚の老化が原因です。

皮膚が老化し、加齢で目の下が膨らんでしまったりへこんでしまうことで影ができて、黒いくまのように見えてしまうのです。

くまを改善するためのケアをしても効果を実感できないなら、黒くまと言えます。

なお、多くの方はこの黒くまや、黒くまと他のくまが一緒になっている状態です。

青くまとその発生原因

青くまは、目の下の皮膚が青く見えてしまうものです。

静脈が透けて見えています。

睡眠不足や血行不良が原因なので、目元を休ませてあげましょう

眼精疲労がひどいとくまも出やすくなってしまいます。

目元を温めたり、目薬で疲労感を緩和させてあげてください。

スマートフォンやパソコンを使う時間を減らすことができるなら、減らしていきましょう。

茶くまとその発生原因

茶くまは、目の下にメラニン色素が沈着してしまうのが原因です。

花粉症などアレルギーを持っている方は、目の下をこすってしまい茶くまになりやすいです。

目の下の皮膚を引っ張っても茶色さが残っている場合は、茶くまと言えます。

くまを改善させたい!黒くまの改善法

くまの中でも最も多いのが黒くまとされています。

青くまや茶くまの場合は、日々の生活で悪化させないようにしていくこともできますが、黒くまの場合は、セルフケアでは限界があります。

黒くまを改善させるにはどうしたら良いのでしょうか。

黒クマを取る方法について

黒くまの場合、残念ながらセルフケアでは十分な効果を得られません。

目の下のたるみや凸凹を解消させるためには、美容クリニックでの施術が必要になります。

目の下のたるみを取る、へこんでいる部分にヒアルロン酸やボトックスを注入する、などを行い、黒くまを改善させていきます。

ただし、施術はダウンタイムを伴うケースもあるため、クリニックでよく相談してください。

クマ解消のために行いたいこと

青くまや茶くまを改善させるためには、毎日のスキンケアを見直すのもおすすめです。

近年は目元美容液も沢山販売されているので、目元のくま改善にも役立ってくれるでしょう。

黒くまの方でも、青くまや茶くまの症状が出ている場合もあるため、これらのケアで、黒くま以外のくまを目立たなくさせることで、より綺麗な目元になると言えます。

くま取りで人気の美容アイテム3選

くま改善や予防に役立つ人気アイテムをご紹介します。

日常的に取り入れることで、くまを目立たなくさせたり、くまが悪化しないように予防できますよ。

美容液と保湿クリーム

美容液や保湿クリームは、皮膚の老化を防ぐのに役立ちます。

乾燥を防ぐ成分だけでなく、小じわを目立たなくさせる成分やシミを予防する成分などが含まれたものを選ぶと、目元を若々しく保てます。

ビタミンC誘導体が配合されている目元クリームを使えば、茶くまの原因となるメラニン生成を抑制できるため、茶くま対策ができます。

レチノールが配合されたものを使用すれば、目元の小じわ対策になりますし、目の下にハリを出していくため、若々しい目元になっていくでしょう。

血行を促進してくれる成分が配合されていれば、青くま解消に役立ちます。

フェイスパック

フェイスパックを使うと、目元だけでなく顔全体のスペシャルケアが可能です。

様々な種類があるので迷う方も多いかと思いますが、ビタミンC誘導体・セラミド・プラセンタ・ヒアルロン酸・セラミドが配合されているパックはおすすめです。

肌をしっかりと保湿しながら美白効果を得られるだけでなく、肌のターンオーバーを促進してくれるので美肌効果が高いです。

毎日使用してケアすることで予防効果を得られるだけでなく、肌が老化することも防いでくれるため、若いうちからフェイスパックを取り入れたスキンケアをすると良いでしょう。

くま取りシート

目の下に貼り付けるタイプのスキンケアアイテム商品で、くま取りに特化した商品なので、くまを早めに改善したい方に最適です。

どのクマ取りシートを使用するかにもよりますが、5分〜10分程度で美容成分を皮膚に浸透させるタイプや、朝まで貼って効果を実感させるアイテムなど数多くあります。

ただし、くま取りシートはどのタイプのくまなのかによって効果の実感までに時間がかかってしまう恐れがあるので、自分がどのタイプのくまなのかを知る必要があります。

そのため、購入する際はどのタイプのくまに適しているアイテムなのかをチェックするよう注意しましょう。

セルフケアには限界あり?クリニックで相談しよう

セルフケアをしてもくまが改善されない・・・という場合、クリニックで施術を受けることで悩みを解決できます。

あくまでも市販で販売されている商品は予防アイテムが多く、例えば、くま取りシートを使ったからといってくまがなくなることはありません。

くまがしっかり目立ってしまっている場合は、セルフケアではなかなか効果を実感しにくいです。

早めにクリニックに相談するのが良いでしょう。

くま取りならメンズクララがおすすめ


くまのお悩みを解決したいなら、メンズクララがおすすめです。

メンズクララでは、様々なくま取り治療をしていて、黒くまはもちろん、青くまや茶くまの改善も可能です。

まずはお気軽にご相談ください。

「白髪のVIO脱毛はできない」と聞いたことがある方は、多いのではないでしょうか。

そのじつ、白髪でもVIO脱毛はできますが、生える前と比べると、脱毛の手段が限られてしまうのです。

そこで、VIOの白髪の原因や、なぜ生える前に脱毛するのが良いのかをメンズ脱毛の実績豊富な当院目線で解説。

最短2週間ほどで、痛みも少なく脱毛したい方は、ぜひメンズクララクリニックへご相談ください。

男性専用美容クリニック メンズクララの詳細はこちらから

VIO脱毛は白髪になる前がおすすめ!


VIO脱毛するなら、白髪になる前が良いでしょう。

理由は、多くのクリニックで採用されているレーザー脱毛には、白髪の脱毛効果があまり期待できないためです。

レーザー脱毛は、黒い色素のメラニンに反応するレーザーを照射します。

しかし、白髪にはメラニンが存在しないため、十分な脱毛効果を得られないのです。

ストレスなく、短期間で脱毛を終えたい方は、白髪が生える前に施術をすると良いでしょう。

VIO部分の白髪とは?

VIOに白髪ができるのは、頭髪が白髪になるのと同じ仕組みです。

通常、髪の毛は、毛根の奥にある色素細胞(メラサイト)が生成するメラニンの働きにより、黒く見えています。

メラサイトの機能が加齢やストレス、遺伝などによって低下したときに、メラニンの生成量が減ることで、白髪が発生するのです。

生えてきた白髪を抜いたり、染めたりして対策するのも可能ですが、VIOはデリケートなエリアのため、上記のような対策をすると皮膚を傷つける危険があります。

そのため、VIO脱毛は、白髪になる前にするのがベストなのです。

白髪になる前にVIO脱毛するメリットは?

白髪になる前にVIO脱毛することのメリットは、大きく分けて3つです。

脱毛後すぐに感じられるメリットから、将来を見据えたものまで、具体的なメリットを解説します。

自己処理にかかる費用と時間を削減できる

VIOに白髪が生える前に脱毛するメリットの一つが、自己処理にかかる費用と時間を削減できることです。

毎回、毛を自己処理していると、手間や時間がかかるだけでなく、肌のトラブルが起きる可能性まであります。

早期のレーザー脱毛をしておくことで、皮膚を傷つけることなく、VIOを清潔な状態に保つことが可能です。

ニードル式と比べ、痛みを抑えて脱毛できる

VIOに白髪が生えてきた後の脱毛には、メラニン色素の含有量によって効果が左右されないニードル式脱毛が採用されます。

毛穴に針を押し込み、電流によって発毛組織を破壊するニードル式脱毛は、レーザー脱毛と比べて施術の際に痛みが強く、一度に施術できる範囲が狭いのが難点です。

痛みに弱い方や、時間をかけずに脱毛したい方は、なるべく早めにVIO脱毛すると良いでしょう。

介護されるときに備えられる

VIO脱毛の新たな需要として注目されているのが「介護脱毛」です。

介護脱毛とは、将来的に介護されるケースを想定して、肌のトラブルや感染症のもとになるVIOの毛を処理しておくことを指します。

VIOに白髪が生えてからだと手段が限られるため、介護脱毛を考えている方は、早めに施術を受けるのがおすすめです。

白髪とVIO脱毛に関する誤解とは?

白髪やVIO脱毛に関する正しい知識を知らないと、自分に合った方法、タイミングで施術を受けられません。

そこで、白髪とVIO脱毛にまつわる誤解されがちなポイントを解説します。

黒染めしてもレーザーによるVIO脱毛はできない

VIOに生えてきた白髪を黒染めしても、レーザー脱毛はできません。

目で見える毛は黒く染められても、毛穴の中にある毛までは黒染めできないためです。

レーザー脱毛が反応するのは、あくまで毛穴の中にあるメラニン色素のため、黒染めによる効果はないものと考えましょう。

VIO脱毛しても白髪は増えない

「VIO脱毛すると白髪が増える」と考える方がいますが、大きな誤解です。

もし、脱毛後に白髪が増えたように見えたのなら、黒い毛が減り、白髪が目立ってしまったためと考えられます。

VIO脱毛と白髪が増加することの因果関係は、証明されていないので、安心して施術を受けましょう。

白髪になる前のVIO脱毛ならメンズクララクリニックへ


メンズ美容専門のメンズクララクリニックは、オーダーメイドの脱毛が可能な予約が取りやすいプライベートサロンです。

VIO脱毛の際は、従来機器と比べて痛みが少ないといわれる最新機器を使用。痛みが苦手な方向けに麻酔クリーム、笑気麻酔といった2種類の麻酔まで用意されています。

また、早い人だと治療開始から2週間ほどで脱毛できるスピード感も、メンズクララクリニックで施術を受けるメリットです。

白髪になる前のVIO脱毛なら、痛みが少なく、脱毛までがスピーディーなメンズクララクリニックで施術を受けるのが良いでしょう。

男性専用美容クリニック メンズクララの詳細はこちらから