シミ・くすみ

シミには様々な種類があり、治療法も変える必要があります。
まずはじっくり診察させていただく必要があります。

画像診断機器による肌解析も補助で用います。

目立つ濃いシミ・ソバカス

レーザー照射が有効な治療法です。
黒い色素に反応させ、除去する方法です。
当院ではQスイッチYAGレーザーを使用します。

レーザー照射後は、照射部位にテープを7~10日間程度貼っていただきます。
その間に肌が再生されます。
テープをとってすぐはピンク色ですが、だんだんなじんでいきます。

人によっては、炎症後色素沈着と言って、やけどの作用により一時的に肌の色が濃くなってしまう現象が起きる場合があります。
通常は数ヶ月改善しますが、場合によっては数年かかることもあります。
紫外線を避け、トラネキサム酸などの内服も併用すると、改善が早まります。

1回のレーザー照射である程度薄くなりますが、完全にゼロになるとは限りません。
その場合は、2回目の照射をしたり、別の方法をご案内することもあります。
また、真皮サイトメラノーシスなど「あざ」に近いタイプのシミは、半年おきに繰り返し(4〜6回程度)施術する必要があります。

内容 定価 会員価格
1個(5mmまで) ¥15,000 ¥10,000
(5mmを超えた分)1mmあたり ¥2,000 ¥1,500

色むら・くすみ

シミのようにはっきりせず、色むらのような場合は、溜まってしまった古い角質を除去したり(スキンクレンズ)、レーザーフェイシャルでメラニン色素を飛ばしたり、美白剤などの美容成分導入をする、といったケアを繰り返すことで、お肌が明るくなってきます。
また同時に、内服薬や点滴(インナーケア)なども組み合わせることで、より効果を発揮します。

肝斑

肝斑の治療は、まずは生活習慣の改善(物理的刺激と紫外線を避ける)とトラネキサム酸などの美白剤の内服が基本です。
少しでも早く改善したい場合には、スキンクレンズレーザーフェイシャル美白剤などの美容成分導入を組み合わせた治療が効果的です。

とても薄いシミ

メラニン色素が少ない、とても薄いシミは、通常のスポットレーザーで反応しにくいです。
ピコ秒レーザーでの治療法が近年試みられています(当院では現時点では導入していません。導入の際は告知いたします)。