目の下のクマ

目の下にできるクマは、大きく3種類に分けられます。

青クマ

いわゆる寝不足や疲れなどによるクマで、目のまわりの薄い皮膚から、血液のうっ滞した静脈の青色が透けて見えることによりできるクマです。
お化粧で隠せます。
クマをホットタオルなどで改善させようというのは、この青クマに対してのアプローチになります。
一時的なものであれば血流を促進させるようなことで改善しますが、皮膚がとても薄いなどの原因でどうしても目立ってしまう方もいて、完璧な治療は困難です。
フェイシャルトレーニングフェイシャルタイトニングによる血流改善を試みても良いでしょう。

茶クマ

花粉症やアイメイクを頻繁にするなどで目の周りをこすってしまうクセのある方に出来やすい、メラニン色素の沈着によるクマです。
お化粧で隠せます。
メラニン色素なので、シミやくすみに対する治療と似たような治療で改善します。
目の近くなのであまり思い切ってレーザーは打てませんので、完璧な改善は困難です。
お顔全体のお肌のくすみを改善させるような治療(シミ・くすみへ)が改善の補助になります。

黒クマ

目の下のクマは、黒クマであるケースが多いです。
眼窩脂肪という眼球を支えるクッションのような役割をする脂肪が、骨格や加齢などが原因で、外の方へ出てきてしまったためにできる膨らみの、光の影によって見えるクマです。
立体的な光な影が原因ですので、どんなにお化粧をしても隠すことは出来ません。
治療法は2種類です。

①切らないクマ取り

下まぶたの裏側からのアプローチで、クマの原因となる脂肪を取り出します。
お顔の表面には傷がつかないので、1〜2週間ほど内出血や腫れなどはありますが、仕上がりは綺麗です。
骨格により、脂肪をとるだけでは骨格の凹みが目立ってしまう場合があり、その場合は、脂肪注入なども含めた複合的な手術をご案内させて頂く場合があります。

②ヒアルロン酸注射

クマの膨らみの下の部分にヒアルロン酸を入れることで、見た目を改善させる治療です。
膨らませる治療ですので、①の手術の方がすっきりとした仕上がりにはなりますが、ダウンタイム(腫れや内出血など)の期間を取れない場合や手軽な治療で改善させたい場合には、良い選択肢となります。