新メニューのお知らせです。

【新メニュー】

①NMN点滴(1回:50,000円)
②幹細胞培養上清液点滴(1回:90,000円/お試し:36,000円)

巷で非常に人気の高い、話題の2成分を当院でも取扱い開始いたします。現在予約受付中です!

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)はビタミンB3からつくられ、もともと人の体内に存在する物質です。
2015年に放送されたNHKのドキュメンタリー番組『ネクストワールド 私たちの未来』で「若返りの薬」の成分として紹介されたことがきっかけでとても有名になりました。NMNは、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン(Sirtuin)遺伝子を活性化させるといわれてます。緑黄色野菜などの食品にも含まれていますが、それを点滴で直接体内に入れることができます。

幹細胞を直接入れる点滴が人気ですが、1回数百万円以上と大変高価なため、受けることを躊躇する方も多いです。
当院では、幹細胞を培養した液体のほうの点滴を導入いたします。通常は1回の点滴で5mlを使用しますが、お試しとして1回1mlも承っております。

幹細胞培養上清液には多くのサイトカインが含まれます。代表的なものを以下に挙げます。

ーEGF(上皮細胞成長因子)ー

皮膚や粘膜などの成長、再生、修復を行い、新しい細胞の産生を促進します。皮膚のターンオーバーを促進し、色素沈着やくすみを予防します。

ーIGF(インスリン様成長因子)ー

細動DNA合成を調整します。壊れた細胞の再生を助ける作用により、新しい皮膚の細胞を生み出しコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増やし、ハリを回復します。

ーVEGF(血管内皮細胞成長因子)ー

血管新生(既存の血管から分枝伸長して血管を形成すること)に重要な役割を果たします。

ーTIMP(MMP阻害因子)ー

MMPによるコラーゲンやエラスチンの分解を抑制。

ーKGF(角化細胞成長因子)ー

角化細胞の生成、分裂、増殖を促進し、ターンオーバーを整え、皮膚の水分保持やバリア機能を維持します。また毛母細胞の活性化にも働きかけます。

ーTGF-β1、β3(トランスフォーミング増殖因子)ー

コラーゲンなどの結合組織の合成・増殖を促進し、細胞組織の再構築、創傷治癒、炎症、免疫などにも重要な役割を果たします。

ーFGF(線維芽細胞成長因子)ー

コラーゲンやヒアルロン酸などを作る線維芽細胞の増殖を促進します。血管新生や創傷治癒にも重要な役割を果たします。