ほうれい線は鼻の際から口角まで伸びているシワで、多くの方が気になされるシワです。
笑ったり表情を作ることによりシワとなり、次第に加齢とともに深くなり
無表情な時でも刻まれたシワとして残るようになります。

そのようなシワに対し、ヒアルロン酸を皮膚内部に注入することにより溝が埋まり、
シワが浅く目立ちにくく改善され、若々しい印象を与えてくれます。

目の下のクマ取りの施術1ヶ月後の写真です。
影が薄くなりスッキリとした印象です。

目の下にある眼窩脂肪は内側・中央・外側の3つの部位に分かれています。
当院では患者様の状態に合わせて、3つの部位からバランスよく脂肪を取り出すことで、
治療後の仕上がりが滑らかで綺麗な仕上がりとなります。

メソガン(月1回、ミノキシジル+幹細胞培養上清液)と飲み薬(AGA薬剤セット)を
月1回1年間(12回)続けていただいた症例です。

メソガンとは、有効成分を肌の最適層に細かく注入し、肌に穴をあけることで創傷治療を促すことができる機器です。
スピードが速いので、より痛みが少なく治療を受けていただけます。
注入量、速度、深さを細かく設定出来るため、ターゲット層へ均一に注入することが可能です。

夏の時期や清潔感を求めてVIO脱毛する人は多くなっています。

脱毛前には自己処理が必要となりますが、デリケートな場所なので勇気がいりますよね?

本記事では、VIO脱毛前の正しい剃り方や注意点について解説します。

「初めてのVIO脱毛で自己処理方法がわからない」「どこまで自己処理したら良いの?」というお悩みを抱えている方は必見です!

どこまで自己処理が必要?目的別に解説


自己処理でまず気になるのは、どこまで処理すれば良いのかですよね?

VIO脱毛と一言でいっても、人により目的は様々。

全部の毛をなくしたい人もいれば、自然な形を残しつつ整えたい人も。

そんな脱毛の目的別に、どこまで自己処理が必要か解説していきます。

目的は以下の3つに分けられます。

1.I・Oラインの毛をなくして、Vラインは残しつつ形を整えたい

2.VIOすべての毛をなくしたい

3.VIO全体の毛量を減らしたい

詳しく説明していきます。

1.I・Oラインの毛をなくして、Vラインは残しつつ形を整えたい

一番多いのがこの形ではないでしょうか?

全部剃るのは恥ずかしいけど、清潔感を保ちたい方におすすめ。

この場合、Vラインは不要な部分だけ剃り、Iラインはすべて剃ります。

Oラインは基本的に店舗で処理してくれるので、自己処理の必要はありません。

2.VIOすべての毛をなくしたい

近年はより衛生的なハイジニーナ(アンダーヘア全脱毛)にする方も増えてきています。

こちらは、V・Iラインを全剃りし、OラインはそのままでOKです。

3.VIO全体の毛量を減らしたい

全体的に毛量を減らしたい方は、最初の2〜3回はV・Iラインを全剃りし、その後は自分の毛量を見ながら調節する必要があります。(Oラインは自己処理不要)

最初から施術の効果が高い方もいますので、まだらにならないよう店舗スタッフと相談しながら回数を決めていきましょう。

自己処理にあたって注意するポイント

VIO脱毛は肌がかなり敏感な部位ですので、気をつけながら自己処理する必要があります。

肌を傷つけたり、乾燥がひどくなると店舗で処理してもらえない可能性も。

そうならないように、以下のポイントに注意しましょう。

前日までに自己処理をする

店舗により自己処理の日程が異なりますので、店舗の指示に従ってください。

基本的に2日前〜前日までに自己処理を行います。

当日の自己処理は肌に負担がかかり、回復もしていない状態なので施術できません。

自己処理を忘れた場合は、施術の日程変更をしてもらいましょう。

ベストなタイミングは風呂上がり

自己処理の一番良いタイミングは、風呂上がりの乾いた状態でシェービングすることです。

毛が温まって柔らかくなり、肌にもうるおいがあるため、肌の負担になりにくくおすすめ。

蒸しタオルで温めてから行うのも良いでしょう。

処理後の保湿を忘れない

毛を剃った後の肌は大変乾燥しやすい状態です。

自己処理の後は保湿クリームなどで保湿を忘れずに

ただし、施術当日は保湿クリームを使用しないようにしましょう。

脱毛効果に影響が出る可能性があります。

毛抜き・脱毛ワックス(ブラジリアンワックス)・除毛クリームは絶対に使用しない

毛抜きや脱毛ワックス(ブラジリアンワックス)を使用すると、毛を根元から抜くため肌への負担になるだけでなく、施術の効果がなくなってしまいます。

また、除毛クリームは表面の毛を溶かすため肌への負担がかなり大きく、施術前には使用できません。

VIO脱毛前の正しい剃り方

注意点を確認したら、いよいよVIOの正しい剃り方を見ていきましょう。

部位ごとに剃り方が異なりますので、それぞれチェックしてください。

自己処理で使用する道具は、家にあるものでOKです。

以下に詳しく説明していきます。

準備するもの

VIO脱毛の自己処理で必要なものは以下のとおりです。

・小さなハサミ(眉毛バサミ)

・新聞紙などの大きな紙

・電気シェーバー(なければカミソリ)

・鏡

・保湿クリーム

ハサミはなるべく小さなものを使用したほうがカットしやすいです。

剃るのはカミソリでも良いですが、できれば電気シェーバーを使うほうが肌への負担は軽くなります。

Vラインの自己処理方法

1.新聞紙や大きな紙を敷き、その上に座ります。(毛が散らばるため)

2.自分が整えたい形になるように、不要な毛をハサミで短くなるようにカットします。(シェーバーやカミソリで剃りやすくなる長さまで)

3.短くなった毛を電気シェーバー(なければカミソリ)で剃ります。

長さを残す必要はありません

4.剃った部分に保湿クリームを塗ります。

Iラインの自己処理方法

1.新聞紙や大きな紙を敷き、その上に座ります。(毛が散らばるため)

2.鏡を下に置き、鏡を見ながら少しずつハサミで毛を短く切ります。(シェーバーやカミソリで剃りやすくなる長さまで)

3.短くなった毛を電気シェーバー(なければカミソリ)で剃ります。

長さを残す必要はありません。

4.内側は皮膚を外に引っ張りながら剃ると剃りやすいです。

5.電気シェーバーが届かない場所は、小さなカミソリを使うと良いでしょう。(剃れない箇所は無理せず店舗に任せましょう)

6.剃った部分に保湿クリームを塗ります。

Oラインは自己処理不要

Oラインなどの手の届かない部位は、店舗でシェービングしてくれるところが多いです。

念の為、施術してもらう店舗に確認しておきましょう。

自己処理後のトラブル

自分でV・Iラインを剃った後に、思わぬトラブルが起きることがあります。

そんなときに、どう対応すれば良いか事前に理解しておくと安心です。

かゆくなる

毛を剃ると乾燥しやすくなり、肌が乾燥することでかゆみが出ることがあります。

保湿をしっかり行うことで多くの場合は防ぐことが可能です。

もしかゆくなってしまったときは、程度によっては施術が難しい場合もあるので、施術する店舗に相談しましょう。

カミソリ負けして痛くなる

カミソリを使用した場合、カミソリ負けしてヒリヒリと痛くなったり、傷が入ってしまうことがあります。

その場合、施術は受けられないので日程を変更してもらいましょう。

カミソリを使用する際は、カミソリ負け防止にシェービングクリームを使用すると良いです。

電気シェーバーの場合でも、同じ場所を何度もシェービングすると肌荒れの原因になりかねないので注意しましょう。

正しい自己処理で安心して施術を受けよう


VIO脱毛はデリケートな場所なので、脱毛のハードルが高いと感じるかもしれません。

しかし、正しく自己処理する方法さえ知っていれば、なにも不安になることはないのです。

VIO脱毛して快適な生活を送るために、本記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

人には相談しにくいデリケートゾーンの臭いや、すそわきがの症状に悩んでいる方は、多いのではないでしょうか。

そんなデリケートゾーンの臭い対策として注目されるのがVIO脱毛です。

しかし、「VIO脱毛が臭い対策になるって本当?」
「施術後に臭いがきつくなると聞いたことがある」

など、施術に疑問や不安を感じている方もいますよね。

そこで、男性の肌や身体の悩みと向き合い続けるメンズクララが、VIO脱毛の効果や、すそわきがの臭いを解消できる理由を解説。

VIO脱毛を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

男性専用美容クリニック メンズクララの詳細はこちらから

デリケートゾーンの気になる臭い!すそわきがの原因とは


すそわきがは、デリケートゾーンから、わきが特有の臭いがする症状です。

その臭いの原因は、VIOに集中しているアポクリン汗腺とされています。

アポクリン汗腺から分泌された汗の中にある脂肪酸が、皮膚表面の細菌によって分解されたときに、臭いが発生するのです。

VIOを清潔に保つことで、皮膚表面の細菌の繁殖を防ぎ、すそわきがの臭いを抑えられます。

VIOの毛があることですそわきがに影響はある?

VIOに毛があることは、すそわきがに影響があります。

デリケートゾーンを洗浄しにくくなり、毛に細菌が発生しやすい状態を作ってしまうためです。

すそわきがの臭いが気になる方や、デリケートゾーンを清潔に保ちたい方にこそ、VIO脱毛はぴったりな施術といえます。

VIO脱毛がすそわきがの臭いを軽減できる理由

VIO脱毛することで、すそわきがの臭いを軽減できる理由は大きく分けて2つです。

自己処理の時間が短くなるだけではない、VIO脱毛のメリットをみていきましょう。

臭いの原因となる細菌がVIO脱毛で繁殖しにくくなる

すそわきがの臭いは、汗に含まれる脂肪酸が、皮膚表面の細菌により分解されるときに発生します。

VIO脱毛でムダ毛を処理することで汗が溜まりにくくなり、細菌が繁殖しにくい環境を作れるのです。

VIOが汗と体温で蒸れるのを防ぎ、肌着に汗を吸収させることで、すそわきがの臭いを抑えられます。

自己処理するときの肌へのダメージをVIO脱毛で軽減

VIO脱毛は、毛の処理を楽にするだけではなく、肌へのダメージを軽減できます。

毛を自己処理するときに皮膚の表面を傷つけたり、傷つけた箇所からばい菌が入ったりするのを防げるためです。

デリケートゾーンを清潔に保つために毛を処理しているのに、傷やばい菌による炎症が起きてしまうと、かえって肌環境を悪くしてしまいます。

一方でVIO脱毛ならレーザー照射の一時的な肌へのダメージのみ。VIO脱毛後は、永久的に毛が生えてこないため、肌にも優しく、長期的な臭い対策にもなるのです。

VIO脱毛は施術後の正しいアフターケアが大切

VIO脱毛の施術後、まれに「施術前より臭いがきつくなってしまう」ときがあります。

その原因として考えられるのが、施術後のアフターケア、セルフケアを怠っていたことです。

VIO脱毛のためのレーザー照射で、一時的に肌がダメージを受けているからこそ、正しいアフターケアが必要になります。

そこで、施術後の臭い対策になる具体的なケアを解説します。

規則正しい生活を意識する

VIO脱毛後はもちろん、日頃から規則正しい生活を意識することで、すそわきがの臭い対策になります。

臭いの原因となる汗腺の働きに大きく関わるのが、自律神経の一つの交感神経です。

夜遅くまで起きていたり、体にストレスがかかったりする生活を続けていると、交感神経が敏感になり、汗の量が増えてしまいます。

汗の量が増えると、汗の中の脂肪酸が分解されるときの臭いも結果的に強くなるのです。

睡眠をよく取ったり、日常的に運動したりして、気になるすそわきがの臭い対策をしましょう。

制汗剤や汗取パッドの使用

VIO脱毛後には、デリケートゾーンを清潔に保ちましょう。

制汗剤や汗拭きパッドを活用すれば、臭いの悪化を防げます。

また、施術後にデリケートゾーンを洗うときは、弱酸性の石鹸で優しく洗うと良いでしょう。

肌に負担をかけず、臭いの原因となる細菌を殺菌できます。

飲酒・喫煙の習慣を見直す

VIO脱毛後のアフターケアの一つが飲酒、喫煙習慣の見直しです。

アルコールやタバコには、汗腺を刺激する作用があるとされます。

すそわきがの原因といわれるアポクリン汗腺の働きも刺激されるため、臭いが強まってしまうのです。

また、アルコール、タバコの臭いとすそわきがの臭いが合わさると、より不快な臭いになります。

VIO施術後の臭いを抑えるためにも、飲酒や喫煙は控えると良いでしょう。

VIO脱毛するならメンズクララへ


VIO脱毛は、毛の処理が楽になるだけでなく、すそわきがの臭い対策としても効果的です。

臭いの原因となる細菌が繁殖しにくくなるため、すそわきがの臭いを軽減できます。

男性専門サロンのメンズクララのVIO脱毛なら、最新機器を導入しているため一度に大量の脱毛が可能。忙しい方でも通いやすいクリニックです。

また、一人ひとりと向き合った丁寧なカウンセリングが行われるため、初めてのVIO脱毛で不安がある方でも、安心して施術を受けられます。

VIO脱毛や、すそわきがの臭いが気になっている方は、ぜひメンズクララにご相談ください。

男性ならではの肌や体の悩みにプロの技術と知識でお応えします。

男性専用美容クリニック メンズクララの詳細はこちらから

ボトックス注射は、エラの筋肉を縮小させるため
筋肉が大きく張っている部分では、注射をすることによって筋肉を小さくし小顔にすることができます。
耳下腺を小さくする効果もあり、同時に歯のくいしばりの癖も改善できます。

3ヶ月~6ヶ月ほど効果が持続します。
(注入量、箇所によって個人差があります。)

目の下のクマ取りの施術1ヶ月後の写真です。

施術前のクマやたるみが無くなり若々しい目元になっています。

目の下にある眼窩脂肪は内側・中央・外側の3つの部位に分かれています。
当院では患者様の状態に合わせて、3つの部位からバランスよく脂肪を取り出すことで、
治療後の仕上がりが滑らかで綺麗な仕上がりとなります。

アートメイクは皮膚にニードル(針)を用いて色素を注入する医療美容技術です。
人の皮膚に針などで色素を入れるものであり、日本では医療機関で行わなければならない医療行為とされています。
当院は機械の部分に彫りとなっています。

表記から1.2㎜の部分に色素を着色していきます。
施術後は1~2年程度キープすることができます。
(ただし最初の色のキープは1年程度です。)

眉が整うとスッキリした印象になり、手入れも楽になります。

2月の休診日をお知らせします。

【2月】

2日(木)
9日(木)
16日(木)
23日(木)

ご来院心よりお待ちしております。

疲れた印象の原因でもあるクマは、年齢や性別に関係なくコンプレックスに感じている人は少なくありません。

気になるクマをなくすために美容整形を受けてみたいと思う反面、

「整形してもクマが取れないのでは」

「クマが酷くなるのでは」といった心配も当然ありますよね。

この記事ではクマ取りの失敗例を上げながら、どうして失敗がおこるのかを解説していきます。

失敗しないために大切なポイントもお伝えするので、最後まで読んでみてください。

クマの種類によって原因や対処法は違う


クマと一言で言っても、クマのできる原因によって黒クマ、茶クマ、青クマと3つのタイプにわけることができます。

クマのできる原因によって、クマ取りの方法も変わってくるため自分のクマがどのタイプのものなのかを知る事は大切です。

人によっては黒クマと茶クマが両方できている場合もあるため、その場合は両方の対処方法を行うことでクマの改善をはかることができます。

まずは自分のクマがどのタイプに当てはまるのかを正しく理解していきましょう。

黒クマの原因

黒クマは目の下の膨らみやたるみが原因でできる影で、目の下の膨らみは眼球を支える眼窩脂肪と呼ばれる脂肪が骨格や加齢の影響でとび出してきてしまうことで発生します。

脂肪切除やヒアルロン酸注射といった美容整形が効果的なクマのタイプはこの黒クマです。

茶クマの原因

茶クマは紫外線のダメージや摩擦による色素の沈着が原因でできるクマで、目の周りをこするクセのある人や紫外線予防を怠ったことにより発生します。

茶クマはシミやくすみと同じようにレーザー治療で改善を目指しますが、目の周囲は強いレーザーを照射できないため、完全にクマを除くことは難しく補助的な治療になります。

青クマの原因

寝不足や疲れでできるクマは青クマと呼ばれ、目の周りの薄い皮膚から血液が透けてみえている状態です。

健康な状態の血液は鮮やかな赤色をしていますが、疲れや寝不足で血流が滞ると黒っぽい色に変化し、青クマの原因となります。

もともとの体質で皮膚がとても薄い方などは特に青クマができやすく、青クマができた場合の対処療法はあるものの、青クマが全くできないようにする治療は非常に困難です。

クマ取りのよくある失敗例

黒クマに有効な美容整形には脂肪切除やヒアルロン酸注射といった手法があります。

クマ取りの美容整形をして失敗したという声はネット上などで見かけますが、失敗とはどういったもののことをいうのでしょうか。

次はクマ取りにはどのような失敗例があるのかと、その失敗した原因についても紹介していきます。

クマが取れなかった

手術後に思っていたほどクマが取れていないと感じるケースがあります。

原因は2つのケースが考えられ、1つは手術が自身のクマのタイプと合っていない場合、もう1つは脂肪切除で脂肪を取りすぎたり取る量が少なかったりした場合が考えられます。

1つ目の自身のクマのタイプと手術が合っていない場合やいくつかのタイプのクマが複合的にできていた場合は、手術では茶クマや青クマは改善されないために「クマが取れなかった」という結果になってしまいます。

2つ目の脂肪切除の取り除く脂肪の量については、取ればとるほどクマがなくなるというわけではありません。

目の下の膨らんだ部分の脂肪(眼窩脂肪)を取り除くことで影をなくすのが脂肪切除の目的ですが、逆に取りすぎてしまうと皮膚のたるみやくぼみが気になるといった失敗につながってしまいます。

目の下に凸凹ができた

技術不足により目の下の脂肪の取り方が適切でなく取りむらなどがある場合、皮膚に凸凹ができてしまう場合があります。

ヒアルロン酸注射や脂肪注入を行う場合も、注入の仕方にムラがあり不均一だと凸凹ができてしまう可能性があります。

皮膚のたるみが気になるようになった

他にも頬の脂肪量が少ない、もしくは加齢によりたるみで頬の脂肪がおちて、クマがより顕著にあらわれていた場合は、脂肪切除を行うだけでは満足のいく仕上がりにならない場合もあります。

脂肪をとるだけではたるみやへこみが気になってしまう方の場合は、脂肪注入などを含めた複合的な手術が必要なこともあります。

クマ取り失敗しないためのポイント

クマ取りを失敗しないためには、しっかりとしたカウンセリングの上適切な手術を提案し、その手術を高い技術で行うクリニックを選ぶ必要があります。

続いてクリニックを選ぶ際のポイントを紹介するので、クリニック選びの参考にしてください。

事前のカウンセリングをしっかり行うクリニックを選ぶ

クマ取りはクマのタイプや脂肪の付き方、年齢や骨格などでも適切な手術内容、切除する脂肪の量などが一人ひとり変わってきます。

事前のカウンセリングで貴方のクマの状態や皮膚の様子をしっかりと確認し、手術内容を提案してくれるかどうかはクリニック選びで重要なポイントです。

高い技術と手術実績の多さ

クマ取りの手術は骨格やクマの状態にあわせて適切な処置を行う必要があります。

技術の低いクリニックでは皮膚に凸凹が生じたり、逆にクマが酷くなってしまうケースもあるため、口コミや実績数などから技術の確かなクリニックを選ぶことが大切です。

また、クマ取りでは状態によっては複合的な手術が必要な場合もあるため、悩みに対していろいろなアプローチができるクリニックであることも選ぶポイントになります。

目の下のクマ取りはメンズクララへ


疲れた印象、老けて顔の原因にもなるクマは無くしたいと思う反面、失敗の例を聞くと手術をするか迷ってしまう気持ちは、多くの方が持つものです。

メンズクララでは事前のカウンセリングで本人のご希望をしっかりとお聞きし、クマの状態もきちんと確認させていただきます。

また症例数、数千件以上の経験豊富な医師が手術を担当させていただきますので、安心しておまかせ下さい。

施術後のアフターケアも丁寧に行っておりますので、お気軽にご相談ください。