いつの間にか出来ている目の下のクマ。

クマがあるだけで、何だか疲れて見えてしまったり、年齢以上に老けて見えてしまったり。

クマで悩んだことがある方は多いのではないでしょうか?

そんな時、つい自分でクマ取りマッサージをしてみようと思った方もきっといるのではないでしょうか?

しかし、クマ取りマッサージにはあまりおすすめできない理由があります。

クマ取りマッサージはしていいの?辞めた方が良い?

今回の記事では、そんな気になる疑問についてお答えします。

クリニックでの治療法やクマが出来るそれぞれの原因もご紹介しますので、クマに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

また、メンズクララでは切らずに出来るクマ治療を行っております。

クマ治療にご興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

自宅でクマ取りマッサージはしていいの?


自宅でのクマ取りマッサージは、実はあまりお勧めできません。

目の下にクマがあると、それだけで老けて見られたり、疲れて見えたりしますよね。

「このクマさえなければ、印象が全然違うのに…」

「クマのせいで、実年齢より老けてしまう…」

クマが気になってしょうがない時、何とか出来ないかとマッサージなどで目の周りをいじりたくなってしまいますよね。

でも、なるべく目の周りはいじらないようにしましょう。

自宅でのクマ取りマッサージをおすすめしない理由を、詳しくご紹介します。

自宅でのクマ取りマッサージをおすすめしない理由

むやみに自分でクマ取りマッサージを行うと、たるみを悪化させてしまう可能性があります。

目の周りは皮膚が薄く、非常にデリケートです。

擦るなどの刺激を加えることが目の周りのたるみやシワの原因に繋がってしまいます。

そのため、自分でクマ取りのためのマッサージを行うのは避けた方が安心です。

もしどうしても青クマが気になる場合は、ホットタオルなどで目元を温めるようにしましょう。

それでも改善しなかったり、黒クマが気になる時はクリニックでの治療がおすすめです。

メンズクララでは、クマが気になる男性向けに「切らない目の下のクマ治療」を行っております。

クマがあって老けて見える、若々しい目元を取り戻したいとお悩みの男性は、ぜひメンズクララへお気軽にご相談ください。

自宅ではどうしようもないクマはクリニックでの治療がおすすめ

ほとんどのクマは、自分では改善するのは難しいです。

とくにたるみが原因の黒クマは、クマ取りマッサージなど、自宅の改善は難しいのが現状です。

クマを改善するには、美容クリニックでの治療が必要になります。

目の下にクマがあるかないかだけでも、顔の印象はかなり変わります

せっかくなら、自分の顔の1番いい状態でいたいですよね。

クマに悩んでいる方は、美容クリニックでクマ取り治療を行うのがおすすめです。

メンズクララでは切らないクマ治療が出来ます

メンズクララでは、切らずに気になる目の下のクマを改善することが出来ます。

クマは気になるけど、切開するのは少し勇気がいりますよね。

でも、切開することなくクマ取りが出来て、若々しい目元になれることから、クマに悩んでいる男性から人気の施術です。

切らない目の下のクマ取りってどんな施術?

メンズクララの切らないクマ取り治療は、下まぶたの裏側から下眼瞼の眼窩脂肪を除去する施術法です。

治療中は麻酔を使用するので、痛みも最小限に抑えることが可能です。

切らないクマ取り治療のダウンタイムは4〜5日ほどになります。

治療を受けると、気になるクマと目元のたるみが改善でき、若々しい目元が復活することで人気の施術です。

数千件の症例がある医師が担当しますので、安心して施術を受けていただけます。

また、1回の施術で全て完了し、何度も通う必要がないことも魅力の1つです。

目の下のクマに悩んでいる男性はメンズクララにご相談下さい

クマは、それだけで顔を疲れた印象にしたり、老けて見えたりしてしまいますよね。

メンズクララには、そんなクマの悩みを改善できる治療法を取り揃えております。

切らないクマ取り治療の他にも、血流改善やレーザーを使用した施術を行っていますので、クマにお悩みの男性はぜひ一度お気軽にご相談ください。

クマ取りマッサージの自宅で出来る方法や原因・治療法まとめ


今回はクマ取りマッサージはしてもいいのか、クマの原因やクリニックでの治療法についてご紹介しました。

自宅でのクマ取りマッサージは、目の周りのたるみなどの原因に繋がってしまう可能性もあるため、お勧めできません。

クマに悩んでいる方はクリニックでのクマ取り治療がおすすめです。

メンズクララはクマに悩む男性に向けた、切らないクマ取り治療を行っております。

クマによる疲れた印象や老け見えにお悩みの男性は、ぜひお気軽にメンズクララにご相談ください。

「VIO脱毛が完了するまで何回かかるの?」

このような悩みを解決します。

医療レーザー脱毛だと、毛を薄くするなら3〜5回、つるつるにするなら6〜10回以上の施術が必要です。

この記事では脱毛する前に知っておきたい、VIO脱毛の完了が遅くなる原因も解説しています。

VIO部位の脱毛をするなら圧倒的な症例実績のある「メンズクララ」がおすすめです。

お気軽にカウンセリングのご予約をお待ちしております。

VIO脱毛が完了するまでの回数(医療レーザー脱毛)


患者様の希望する仕上がりの状態によって、脱毛が完了する回数は違います

医療レーザー脱毛の場合は、光脱毛と比べて毛の減りが早いため、来院する回数は少なく済みます。

毛を薄くする(量を減らす)には3~5回

毛を薄くする(量を減らす)場合は、3〜5回ほど脱毛すると効果が現れます。

毛に照射する機器のレーザーのパワーが強いからです。

メンズクララで使用する脱毛機器「サンダー」だと、たった1回の施術でも毛が抜けるのを実感する男性もいます。

毛を薄くしたい、量を減らしたい男性は、3〜5回脱毛すると良いです。

肌をつるつるにするには6~10回以上

毛が生えないほどつるつるにしたい場合は、6〜10回以上の施術が必要です。

一般的に、2〜3ヶ月に1回の頻度で脱毛をするため、1年以上は通うことになります。

医療レーザー脱毛を照射すると、毛のメラニン色素に反応し熱が発生するため、毛を生やす細胞を破壊できます。

メラニンとは、髪や皮膚の色を決める色素です。

メラニンが多いほど、髪色は黒くなります。

6〜10回以上も毛が生える細胞にレーザーを照射することで、つるつるな肌になります。

光脱毛より医療レーザー脱毛がおすすめの理由3選

VIO脱毛するなら、医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療レーザー脱毛以外にも「光脱毛」の方法があり、どちらを選べば良いかはじめての男性は悩みます。

医療レーザー脱毛をおすすめする3つの理由を解説します。

脱毛の効果が高い

医療レーザー脱毛は照射するレーザーのパワーが高いため、毛を生やす細胞を破壊でき、根本的に毛をなくせます。

施術後は毛が生えてこない永久脱毛が可能です。

反対に、光脱毛は照射するパワーが低いため、毛を生やす細胞を破壊できません。

脱毛が完了しても時間がたつと再び毛が生えます。

光脱毛の照射するパワーは、法律により制限されており低く設定されています。

脱毛の効果が高い、医療レーザー脱毛がおすすめです。

脱毛する回数が少ない

医療レーザー脱毛を選ぶと、VIOを脱毛する回数が少なくなります。

たとえば、医療レーザー脱毛でつるつるにする場合は、6〜10回以上の施術が必要です。

光脱毛でつるつるにする場合は、一般的に約20回しないといけません。

脱毛する回数が少なく済むため、クリニックに通う回数も減ります。

施術者が有資格者なので安心

医療レーザー脱毛を行うスタッフは、医師や看護師の免許を持っているため、安心して受けられます。

施術に使用する脱毛機器は、医師免許を持っていないと購入できません。

光脱毛では、スタッフが資格を持っていなくても研修を受けると、施術ができます。

有資格者がいる医療レーザー脱毛を選ぶと、痛みやはれなどのトラブルが発生しても、安心して対応してくれます。

VIO脱毛の完了が遅くなる4つの原因

VIO脱毛を受けても、間違った行動をすると完了が遅くなるケースがあります。

つまり、来院する回数が増え、多くの料金を支払わないといけません。

毛周期のサイクルで施術をしない

毛周期のサイクルに沿って施術をしないと、脱毛の効果を感じるのが遅くなります。

毛周期とは毛が成長するサイクルのことで、以下の3つを繰り返し、毛は生まれ変わります。

・成長期

・退行期

・休止期

毛が生えないようにするには、毛が成長する「成長期」にレーザーを当てる必要があります。

毛が成長していない「退行期」や「休止期」のときに、レーザーを当てても脱毛の効果は得られにくいです。

毛周期のサイクルに沿って施術をしないと、脱毛の完了が遅くなります。

ベストな施術の時期は、担当のスタッフが調整してくれます。

毛抜きで自己処理をしている

脱毛中に毛抜きをすると、効果を感じにくいです。

毛を抜くとメラニン色素がなくなり、レーザーを当てても細胞にダメージを与えられません

毛が生えている状態だと、メラニン色素があるためレーザーが反応し、細胞を破壊できます。

また、毛周期が狂うため、脱毛するタイミングもズレます。

脱毛の完了が遅れるため、毛抜きの自己処理は控えると良いです。

まとめ


VIO脱毛を完了するまでの施術回数は、患者様の毛量によっても左右されます。

毛を薄くするなら3〜5回、つるつるにするなら6〜10回以上の施術が必要です。

医療レーザー脱毛であれば、毛を生やす細胞を破壊できるため、根本的に毛をなくせます。

そのため、永久脱毛ができ、光脱毛と比べて施術回数を少なくできます。

VIOの脱毛をするなら圧倒的な症例実績がある「メンズクララ」がおすすめです。

カウンセリングのご予約をお待ちしています。


今の時代、男性も女性も脱毛をするのが普通になってきていますよね。

脱毛をするとムダ毛処理の手間が省けるし、なにより自己処理による肌荒れがなくなりつるつるの肌に。

でもそんな中悩みがあっても、なかなか相談できないのがVIO脱毛だと思います。

VIO脱毛ってチクチク感があって痛いって聞くし、なかなか踏み切れない…という悩みはありませんか?

確かにVIO脱毛後にチクチク感を感じる人は少なくないと思います。

でもそんなVIO脱毛後のチクチク感には、対処法があるんです‼

対処法を知っていれば、VIO脱毛も不安に思うことなく始められますよ。

この記事では、VIO脱毛後のチクチク感はいつまで続くのか、その原因と対処法を解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

VIO脱毛後のチクチク感はいつまで?その原因とは?!


VIO脱毛後のチクチク感は、その人によりますが約1週間前後続きます。

また医療脱毛か美容脱毛かで。チクチク感を感じなくなるまでの回数が異なり、医療脱毛で3〜5回ほど、美容脱毛で6〜10回ほどで毛の太さが細くなり、チクチク感を感じにくくなるようです。

VIO脱毛後にチクチク感を感じる原因はいくつかあり、

・VIO脱毛の施術による乾燥

・下着との 擦れによる摩擦

・事前処理の後に伸びてきた毛によるもの

などがあげられます。

脱毛の施術は、レーザーで毛根にダメージを与えることで効果を得ます。

レーザーによる熱により、脱毛後数日間は乾燥しやすく、チクチクとした痛みを感じることがあるでしょう。

また、乾燥している状態の肌に下着が擦れ、摩擦が生じてしまうのも、チクチク感の原因の一つです。

脱毛による肌への負担が、チクチク感の原因になっていることが多くあります。

そして、脱毛前にVIOの事前処理を行う必要があるため、伸びてきた毛がどうしてもチクチクしてしまいます。

VIOの毛根は太くしっかりしているので、他の部位に比べるとよりチクチク感を感じやすいです。

ただし、伸びてきた毛は脱毛後約1週間で綺麗に抜けてくるので、そのあとは肌のつるつる感を実感することができますよ。

VIO脱毛後のチクチク感を減らす対策をご紹介‼

VIO脱毛後のチクチク感を感じる期間と原因について、紹介してきました。

でもVIO脱毛を始めるには、そのチクチク感に耐えなければならないのでしょうか?

実はしっかりと対策することで、チクチク感を減らすことができるんです‼

そこで、VIO脱毛後のチクチク感を減らすための対策方法を解説していきたいと思います。

しっかりと保湿を行う

保湿クリームをしっかり塗ることで、肌の水分が守られ、乾燥しにくくなります。

また、保湿クリームにより下着の擦れによる摩擦も軽減され、チクチク感の軽減に繋がります。

保湿クリームを選ぶ際には、アルコールが入っているとかえって悪化させる可能性があるので、アルコールが入っていない低刺激なものを選ぶようにしましょう。

体温を上げる行動を控える

運動や長時間の入浴によって、体温が上がり血流が良くなると、チクチク感やかゆみが増すことがあります。

なるべくVIO脱毛後数日は、体温を上昇させる行動は控えるのが無難です。

また、アルコールも体温を上昇させてしまう為、施術後数日は控えるようにしましょう。

通気性や肌触りの良い下着を選ぶ

通気性が良くなることで、蒸れを防ぎかゆみを減らすことができます。

また、綿100%など肌触りの良い下着を身に着けると、摩擦を防ぎチクチク感の軽減に繋がりますよ!

締め付けもかゆみの原因になるので、施術後数日はゆったりとした下着を選ぶと良いでしょう。

チクチクした毛の処理はヒートカッターで

チクチクした毛が伸びてきた時、処理を剃刀などで行うとまたチクチクしてしまうことがあります。

そんな時は、熱で毛先をカットするヒートカッターを使用すると良いでしょう。

熱を使うことで、毛先を丸くカットしてチクチク感を抑えることができます。

対策次第でチクチク感を減らすことができるので、安心してVIOの脱毛をおこなうことができますよ。

VIO脱毛後にチクチク感が出てきた時の注意点‼

VIO脱毛後のチクチク感を、軽減させるための対策を紹介しました。

でも、もしチクチク感やかゆみが生じてしまったら?

そんな時の為に、対処法を紹介したいと思います。

絶対にかかないようにする

チクチク感やかゆみのある部分をかいてしまうと、皮膚が傷つき水分が失われ、余計に悪化させてしまいます。

またかいて傷ができてしまったら、そこから菌が入りただれてしまうことも…。

チクチク感やかゆみがあっても、絶対にかかないようにしましょう。

チクチク感のある部分を冷やす

冷やすことで炎症を抑え、チクチク感やかゆみを軽減することができます。

保冷剤などで冷やす場合は、直接当ててしまうと痛みがでてしまうことがあるので、ハンカチやタオルに包んでから冷やすと良いでしょう。

皮膚科を受診する

もし耐えられないようなチクチク感やかゆみを感じた時には、迷わず皮膚科を受診しましょう。

かゆみや炎症を抑える薬を処方してもらえることがあります。

我慢せずに受診することで、悪化を防ぐことができますよ。

もしチクチク感やかゆみを感じた時には、絶対にかかずに患部を冷やして様子を見て、それでもダメなら皮膚科を受診しましょう。

まとめ


・VIO脱毛後のチクチク感じゃ1週間前後続く

・チクチク感の原因は、「乾燥」「摩擦」「伸びてきた毛によるもの」

・VIO脱毛後のチクチク感の対策は、「保湿」「安静」「下着選び」が重要

・もしチクチク感を感じたら、かかずに冷やし、それでもダメなら受診する

今回はVIO脱毛後のチクチク感はいつまで続くのか、その原因や対策・対処方法を紹介しました。

VIO脱毛はなかなか悩みを相談できず、サロンやクリニックに行くのも勇気が必要ですよね。

誰でも最初は不安でいっぱいです。

でもこの記事を読んであなたの不安を減らし、勇気をふり絞って最初の一歩を踏み出してみませんか?

新しい扉を開けた先には、きっと今より輝いているあなたの笑顔が待っていますよ♪

脂肪冷却痩身を下腹部側腹部3回 フォシーガ+サクセンダ2ヶ月を実施した状態です。

脂肪冷却痩身は、脂肪を凍らせて破壊するクライオポライシスという技術で、脂肪を減らします。
クライオポライシスとは、冷却技術を用いた脂肪細胞の減少を目的とした施術です。
脂肪細胞は4℃で凍るため、4℃で冷やすことで血液やその他の組織に損傷を与えることなく
脂肪細胞のみを安全に破壊することができます。

アポトーシスを誘発された脂肪細胞は、マクロファージの働きにより
1~3ヶ月ほどかけて排出され、徐々にサイズダウンしていきます。

月1のスキンケアを継続した7ヶ月後のお肌の状態です。

サリチル酸ピーリング・ダーマペン・エレクトロポレーションで
お肌の状態が整った段階で、ダーマペンで肌表面に微細な穴を垂直に開けお肌を再生していきます。

肌に小さな穴をあけると、自然治癒力により肌は元の状態に戻ろうとします。
その過程でコラーゲンやエラスチンなどが新たにつくり出され、ニキビ跡の凹凸やシワ、
毛穴などを改善させる効果があります。

肌に直接穴を開けるため、様々な有効成分を導入するメソセラピーと組み合わせると効果が高まります。

体内で自然に溶けていく安全な糸で、たるみを引き上げます。

切らないで医療用な特殊なPCL(ポリカプロラクチン)という材質の位置を挿入するだけで
たるみを改善しリストアップができる治療です。
こめかみから、上方向への挿入もできるので、フェイスラインにかけてしっかりと全体を
リストアップすることができます。

糸を入れることで糸の周りの皮下にコラーゲンを再生・構築するため、
ハリが生まれ美肌作用も期待できます。

ヒアルロン酸を額・ほうれい線・頬・顎に8CC注入しています。

ヒアルロン酸の注入を行うともともと体内に存在した自分自身のヒアルロン酸と融合し
皮膚にふくらみを持たせシワを隆起させます。

額は年齢と重ねるごとに骨が後退し、ごつごつした印象となります。
そのようなごつごつした額や眉間や額に刻まれたシワなどにヒアルロン酸を注入し
なじませ丸くすこることで、ハリのある滑らかな額や、立体的な横顔となり
アンチエイジング効果も期待できます。

ほうれい線は鼻の際から口角まで伸びているシワで、多くの方が気になされるシワです。
加齢とともに深くなり無表情な時でも刻まれたシワとして残るようになります。
そのようなシワに対し、ヒアルロン酸を皮膚内部に注入することにより溝が埋まり
シワが浅く目立ちにくく改善され、より若々しい印象を与えてくれます。

目の下のクマ取りの施術1ヶ月後の写真です。

施術前は、目の膨らみにより、クマやたるみが目立ち
老けて疲れた印象に見えます。

目の下にある眼窩脂肪は内側・中央・外側の3つの部位に分かれています。
当院では患者様の状態に合わせて、3つの部位からバランスよく脂肪を取り出すことで
治療後の仕上がりが滑らかで綺麗な仕上がりとなります。

術後はふくらみが無くなり、若々しい綺麗な目元になりました。

張り出した筋肉にボトックスを注入することで
肩や首にかけての盛り上がった筋肉が縮小し、引き締まってみえる効果が期待できます。
肩や首がスッキリしたラインとなり首が長く見えることで
小顔に見えたり、鎖骨やデコルテラインが華奢に見えたりする効果も期待できます。

また筋肉の緊張を和らげたり、痛みを感じる物質を抑える効果があるので、
肩の金忍苦の緊張、凝り、張りを改善し症状を緩和させるので
慢性的な方の痛みの改善に効果的です。

アートメイクは皮膚にニードル(針)を用いて色素を注入する医療美容技術です。
人の皮膚に針などで色素を入れるものであり、日本では医療機関で行わなければならない
医療行為とされています。当院は機械彫りとなっています。

表皮から1.2㎜の部分に色素を着色していき(皮膚の代謝による色の退色などで)
施術後1.2年程度キープすることができます。
ただし最初の色のキープは1年程度です。

今回はアートメイクと眉カットを同時施術しています。

ボトックス注射は、エラの筋肉を縮小させるため
筋肉が大きく張っている部分では、注射をすることによって
筋肉を小さくし小顔にすることができます。
耳下腺を小さくする効果もあり、同時に歯の食いしばりの癖も改善できます。

3ヶ月~6ヶ月ほど効果が持続します。
(注入量、箇所によって個人差があります。)

横や正面から見て凹凸のない丸みを帯びた額は、輪郭を映しく見せる要素の一つです。
額は、年齢を重ねるごとに骨が後退し、ごつごつとした印象になります。
そういったごつごつした額や、平らな額、などにヒアルロン酸を注入し、
馴染ませ丸くすることで、ハリのある滑らかな額や立体的な横顔となり、
アンチエイジング効果も期待できます。