円安に伴う一部メニュー価格改定のお知らせ(12月1日より)

平素より当院をご利用いただき、厚く御礼申し上げます。
価格維持のための努力を続けてまいりましたが、
円安に伴う材料費や、機械維持費の高騰が改善されず
従来の価格を維持することが困難となり、
2022年12月より一部のメニューを3~7%程度値上げをさせていただきます。
何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

疲れて見えてしまう目の下のクマは、年齢・性別問わず気になってしまうものですよね。

目の下がどんよりとしていると、暗い印象にもなってしまうので、マスク生活が続いて顔の下半分が隠れていることで、より気になってしまっているという方は多いでしょう。

そこで注目されているのが、目の下のクマ取り施術ですが、実は施術を受けて失敗してしまう人もいるのです。

クマ取りで失敗しないために重要なことをお伝えします。

メンズクララでは、院長自らが行いクマ取りの症例数が数千件以上あります。

お困りならメンズクララに一度お越しください。

クマ取りでよくある失敗とは?


「クマ取りの施術を受けて失敗してしまった・・・」という声がありますが、これは、

どのような失敗なのでしょうか。

別のクリニックに通われた方で当院に乗り換えられた方の声をまとめてみました。

クマが解消されない

クマの種類が特定できていない場合、ヒアルロン酸を目の下に注入したり、目の下の脂肪を取ってみても、クマが解消されない場合があります。

例えば、茶クマや青クマの場合、目の下の脂肪取りを行っても改善されません。

また、青クマと黒クマがある、茶クマと赤クマがあるなどのように、複数のクマが原因となっている場合、複数の施術を組み合わせなければ、納得できる結果とならない可能性があります。

つまり、クリニック側がクマの種類の原因の特定を誤った場合です。

たるみやシワが目立ってしまう場合も

目の下にある脂肪を取ったことで、たるみやシワが目立ってしまうという人もいます。

施術前からたるみが強く出ている方は、目の下の脂肪取りを行うと皮膚が余ってしまうため、シワになってしまうのです。

このような場合、他の施術との組み合わせが必要となります。

左右の目の下に差ができてしまう

目の下の脂肪取りやヒアルロン酸注入は、左右どちらも行いますが、この時、左右差が生じてしまう可能性があります。

顔は左右非対称なので、完全に左右対称にすることはとても難しく、技術が必要です。

クマ取り施術で失敗したら修正は可能?

クマ取り施術を行って失敗したと言う場合、再施術を受けることは可能です。

クリニックで相談しましょう。

なお、メンズクララでは相談も随時受け付けています。

なお、再施術を受けたい場合は、ダウンタイムが落ち着いてからとなります。

クマ取りで失敗しないために大事なこと

クマを解消する施術を受けて失敗しないためには、主に以下の点を注意すべきと考えます。

・経験豊富な医師の施術を受ける

・施術により起こるデメリットも理解する

・アフターサポートの確認をする

経験豊富な医師の施術を受ける

クマ取りで失敗しないためにも、クマ取り施術の実績が豊富なクリニックを選びましょう。

変に価格が安い所を選んでしまって失敗する方の話も伺います。

医師の技術が未熟だと、クマ取り施術で失敗してしまう可能性は高いです。

クリニックのホームページやSNSで症例写真が公開されていることもあるので、確認してみましょう。

施術によるデメリットも把握しておく

クマ取りは、メリットだけでなくデメリットもあります。

ヒアルロン酸注入の場合は、効果が半永久的でないということや、ヒアルロン酸注入だけではクマが解消されない場合があるということがデメリットです。

目の下の脂肪取りの場合は、目の下のたるみやシワが目立ってしまう可能性があること、他の施術との組み合わせが必要になる場合があることがデメリットです。

このようなデメリットも含めて、きちんと説明してくれるクリニックで施術を受けましょう。

アフターサポートを確認する

クマ取りを受ける際は、アフターサポートも確認してください。

施術後にトラブルが生じた場合は、きちんと診察してくれるのか、再施術にも対応してもらえるのかということは、施術を受ける前に必ず確認しましょう。

メンズのクマ治療ならメンズクララへ


メンズのクマ取り治療なら、メンズクララがおすすめです。

メンズクララでは、院長自ら行い数千件以上の男性のクマ取りを行っています

幅広い世代の男性が受けていて、症例写真も公開されています。

メンズクララのクマ取り

メンズクララの目の下のクマ取り施術は、ヒアルロン酸注入や切らない目の下の脂肪取りといった方法があります。

【症例写真】

https://mens-clara.com/wp-content/uploads/2022/02/image0.jpeg

脂肪を取り除くことで、目の下がすっきりして黒クマも目立ちにくくなっています。

https://mens-clara.com/wp-content/uploads/2022/02/IMG_0098-1536×1536-1-1024×1024.webp

目の下の脂肪を取り除いて、目の下のたるみとクマが解消されています。

目の下のクマで悩まれている方は、症例数の多いメンズクララで相談してみてください。

「VIO脱毛をしてみたいけど、痛いと聞くから不安」という人は、少なくありません。

しかし、VIO脱毛はどのくらい痛いのか、なぜ痛いのかはよくわからない人もいるでしょう。

脱毛はしたいけど痛いのはできるだけ避けたいという人のために、本記事では、VIO脱毛の痛みついて詳しく解説します。

痛みを軽減する方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

VIO脱毛はどれくらい痛い?


VIO脱毛は、どれくらい痛いのかというと、他の部分を脱毛するよりも痛みがひどいです。VIOはデリケートゾーンであり、ほかの部分より皮膚が薄くなっているから、余計に痛みを感じやすいのです。

そのうえ、他の部分よりも濃くて太い毛が生えていることも、理由の一つです。どれくらい痛いのかといえば、主観になるためはっきりと言い切ることはできませんが、多くの人が体のほかの部分を脱毛したときよりも痛い、と感じています。

ちなみに、VIOを失敗したと感じる方もおられますが、「VIO脱毛は後悔することも?メリットやデメリット・失敗の理由についても解説」こちらの記事もご参考ください。

VIO脱毛が痛い理由


VIO脱毛が痛い理由は、デリケートゾーンであることと毛の濃さ以外にも理由があります。体調がすぐれないときや、初めての脱毛であれば、痛みを強く感じます。つまり、だれでも必ず痛いわけではなく、毎回痛いわけでもありません。VIO脱毛が痛いと感じる理由について、一つずつ詳しく解説します。

体調がすぐれないから

 
VIO脱毛が痛いと感じる理由の一つに、体調がすぐれないからというものがあります。たとえば、風邪気味だったり生理前で体がだるかったりすると、痛みを感じやすくなります。そのほかにも、肌が乾燥気味のときなども痛みを強く感じてしまうでしょう。

体調が悪くても、「せっかく予約が取れたから」「ほかの日は行く時間が取れないから」などといった理由で、無理を押して脱毛に行く人もいます。しかし、体調がすぐれなければ痛みを強く感じてしまうことにもなるため、後日改めて予約を取り直すことをおすすめします。

初めての脱毛だから

初めての脱毛だから、というのも痛みを強く感じる原因の一つです。とくに、これまで自分で脱毛処理をしていた、という人は注意が必要です。デリケートゾーンは自分自身で処理をすることが難しい場所であり、カミソリなどによって皮膚に色素沈着が起きている可能性があります。

つまり、皮膚が黒く変色していると、レーザーによる照射がほかの部分より、痛みを引き起こします。そのほか、初めてだからこそ痛みを感じるのではないかという不安に襲われることもあるでしょう。実際には、初めてのことに加えて理由となりえるため、痛いと大きく感じてしまうことがあります。

VIO脱毛医療の痛みを軽減するには

 

VIO脱毛医療の痛みを軽減する方法には、以下の4つがあります。

・体調を整えておく
・保湿ケアをしておく
・痛みの少ない機械を選ぶ
・麻酔ができる医院に予約しておく

それぞれどういったことなのかを、詳しく解説します。

体調を整えておく

体調が悪いと痛みを強く感じるため、体調を整えておくことで、感じる痛みを軽減できます。バランスのいい食事と適度な運動を心がけ、脱毛前日にはしっかり睡眠をとりましょう。とくに体調や肌に影響を及ぼすのは、夜の22時以降の睡眠です。

夜22時以降にホルモンが分泌されて身体や肌のバランスを整えてくれるので、ぜひ早めの就寝を心がけましょう。また、生理前などの明らかに体調が悪いときにもやめておくのがおすすめです。「ちょっとだるいだけだから」と思っても、デリケートな部分の脱毛は強い痛みを訴えることが多いので、やめておきましょう。

保湿ケアをしておく

 

保湿ケアをしておくことも、痛みの軽減には大切なことです。肌が乾燥していたり炎症を起こしていたりすると、レーザーの熱で乾燥がより強くなり、痛みを強く感じてしまいます。そのため、肌を保湿してしっかり水分のバリアを作ってあげることで、レーザーの熱にも肌が十分耐えられるでしょう。

とくに脱毛の前日から当日にかけては、しっかり保湿するようにしてください。日頃からしっかり保湿ケアをして、潤いを保っておくことが大切です。

痛みの少ない機械を選ぶ

痛みの少ない機械を選ぶ、というのも重要なことです。VIO脱毛医療を行う機械は、1種類だけではありません。VIO脱毛医療に使える機械はいくつもの種類がありますが、毛のタイプや肌のタイプによって自分に合っているものを選ぶといいでしょう。脱毛医療の場合は、レーザータイプと蓄熱式脱毛があります。

レーザータイプは毛根を根元の組織から破壊するため、おすすめです。ただし、出力が強いと痛みも強く感じやすいため、どうしても痛くて我慢できないという人は、出力調整をしてもらいましょう。蓄熱式脱毛であれば、痛みをあまり感じないのが特徴です。「痛みを感じるから怖い」と、考えているのであれば、なるべく痛みを感じることが少ない機械を選ぶようにしましょう。

麻酔ができる医院に予約しておく

 

麻酔で痛みを感じなくする、というのも手段の一つです。麻酔とはいっても、患部に塗るだけのクリームか吸入タイプになるので、注射をするわけではありません。どちらも患部の痛みを和らげる効果がありますが、麻酔という言葉に抵抗感のある人もいるでしょう。

しかし、痛いのが苦手な人にはおすすめの方法といえます。ただし、どの病院でも必ず麻酔を用意してあるわけではないため、事前に確認してから予約を入れるようにしましょう。また、麻酔は有料の場合がほとんどです。そのため予約を入れる前には料金なども確認しておくといいでしょう。

メンズクララクリニックはVIOの痛みに配慮した施術をおこなっています


メンズクララクリニックは、VIOの痛みに配慮した施術をおこなっています。希望があれば、麻酔をすることも可能なので、痛いのが苦手、痛みには弱いという人もぜひ、試してみてください。リラックスできる落ち着いた空間が、心を癒して落ち着かせてくれるでしょう。

男性専用のクリニックであるため、女性の目を気にすることなくデリケートな部分をきれいにできます。

まずは一度、医師のカウンセリングを受けてみてください。VIO脱毛が痛いと聞いて不安、という人はとくに、医師の説明を丁寧に聞くことが大切です。体調を万全に整えて、デリケートな部分の脱毛をしてもらいましょう。

近年流行のVIO脱毛について、
「聞いたことはあるけどどこのことかわからない」
「気になっているけど試したことはない」という人も多いでしょう。

VIOラインとは、いわゆるデリケートゾーンのことです。

デリケートゾーンのムダ毛を自分自身で処理することは難しく、きれいに脱毛したいのであれば、専門のクリニックがおすすめです。医療行為なだけに、エステとは違って医療機関で、医療従事者が施術をしなければなりません。そのため安心して施術を受けることができます。

本記事では、VIO脱毛医療について詳しく解説します。基礎知識から施術回数、クリニックの選び方まで紹介するので、気になっているならぜひチャレンジしてみてください。

VIO脱毛医療とは?


VIO脱毛医療とは、デリケートゾーンを脱毛することです。下着の間から毛が見えて困っている、手入れをしたくても自分では難しい、清潔に過ごしたいなどさまざまな理由で、VIO脱毛医療を受ける人が多くなっています。

VIO脱毛医療は、医療とつくだけあって、医療機関でのみ取扱いができる機器を使っています。当然施術をおこなうのも、医療従事者です。

また、医療脱毛はVIOの脱毛についてかなり痛みがあるため、中途半端に脱落する人もいます。そのため、VIO脱毛医療をおこなう前には、必ずある程度の知識を蓄えておくことをおすすめします。

エステとの違いについて

VIO脱毛医療とエステでの脱毛のもっとも大きな違いは、医療脱毛は半永久的なものであり、エステ脱毛はあくまでも制毛・抑毛効果にとどまりまるという部分です。つまり、医療脱毛の場合は、かなり毛が薄くなり、場合によってはほぼ生えてこなくなるでしょう。

エステでの脱毛の場合は、しばらくしたらまた生えてくるものです。痛みも医療脱毛よりはない程度です。どちらの方が優れているというわけではなく、どちらの方が好みかという問題です。ただし、費用的には医療脱毛の方が高額です。その分、効果時間が長いといえるでしょう。

VIO脱毛医療の基礎知識

VIO脱毛医療を受けたいというのなら、先に基礎的な知識だけでも知っておきましょう。何もわからないと、不安になってしまうからです。

とくにVIOはデリケートな部分だけあって、具体的なことがわからなければ身を任せる気にはなれません。重要なのは、施術回数と痛みがあるかどうかです。ここでは、気になる2点について詳しく解説します。

VIO脱毛の施術回数について

VIO脱毛医療の施術回数は、最低3回です。とはいえ、あくまでも3回は最低限の数値であって、中には5回や8回受ける人もいます。8回目くらいになるとかなりムダ毛も生えてこなくなります。

どの程度の処理を目指すのかにもよりますが、完全に生えてこなくしたいのであれば、8回~10回程度受けるといいでしょう。もちろんお試しで1回受けたい、というのであればとくに問題はありません。

とはいえ、1回では「ちょっと薄くなったかな」程度にしか効果を実感できないことは覚えておきましょう。基本的に、VIO脱毛に関しては毛量が多いため、あまり回数を少なくはできません。さらに毛量が多い人や剛毛の人などは、最低5回は脱毛をしたほうがいいでしょう。

痛みがある

 

VIO脱毛医療は、施術の際に痛みがあります。もともと医療脱毛は、効果は高いもののエステの脱毛と比べると、どうしても痛みが強く感じられます。デリケートゾーンと呼ばれるだけあって、VIOはかなり皮膚が薄いです。

そのため、ほかの部分の脱毛よりもずっと痛みを感じやすいという特徴があります。痛みに弱い人などは、途中で挫折してしまうこともあるため、注意が必要です。無理そうだと感じたら、麻酔をしてくれるかどうかを事前に確認しておくといいでしょう。

VIO脱毛医療がおすすめな理由

VIO脱毛医療がおすすめの理由は、下腹部から毛がなくなってすっきりすることで、生理中の蒸れが少なくなります。ムダ毛を処理することで、雑菌の繁殖も抑えられるため、安心できるでしょう。

また、デリケートゾーンを自分で処理するのは難しく、できないこともありませんが肌荒れの原因となってしまうこともあります。専門医に施術をしてもらうことで、肌荒れが起きないでしょう。完全脱毛でなくてもラインに沿ってきちんと処理することで、夏でも水着を着て気兼ねなく泳ぐことができます。

VIO脱毛ができるクリニックの選び方

VIO脱毛ができるクリニックは数多くありますが、どうやって選べばいいかわからないという人も多いでしょう。そこで、ここではVIO脱毛ができるクリニックの選び方を解説します。自分に合ったクリニックを選んで、ぜひデリケートゾーンを美しく保ちましょう

1.導入しているレーザー脱毛機で選ぶ

 

導入しているレーザー脱毛器で選ぶ、というのがクリニックを選ぶうえで重要な点です。レーザー脱毛器には、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機器・熱破壊式レーザー脱毛器があります。蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機器は、主に産毛の脱毛に向いています。熱破壊式レーザー脱毛器は、剛毛の処理に向いています。

どちらのレーザー脱毛器を選んでももちろん問題はありませんが、自分の毛に合う脱毛器が置いてあるクリニックを選ぶのが、おすすめです。また、脱毛器にもいろいろありますが、最新の脱毛器であればそこまで痛みを感じないようになっています。

2.痛み対策をしているかどうか

痛み対策をしてあるかどうかも、重要です。脱毛の痛さに耐えられない、という理由で途中であきらめてしまう人もいます。しかし、痛み対策がしてあるクリニックであれば、想定以上の痛さでも問題はなくなります。

痛み対策として、有料ではあるものの麻酔をかけてくれるからです。そのため、とくに痛みには弱い、免疫がないという人は痛み対策がしてあるクリニックを選びましょう。

メンズクララクリニックはVIOの痛みに配慮した施術をおこなっています

 

メンズクララクリニックは、VIOの痛みに配慮した施術をおこなっています。そのため、「痛いのが苦手」「できるだけ痛みがないようにしてほしい」などといった要望がある人でも、安心して施術が受けられます

痛みが少ない脱毛器を使用しているだけでなく、希望があれば麻酔を使って脱毛をおこないます。VIOはとくに痛みを感じる場所なので、ほかの個所では問題なくてもVIOだけは麻酔が必要ということもあります。事前に、医師と相談してみてください。デリケートゾーンのムダ毛をなくして、夏でも蒸れずに安心して過ごせるようにしましょう。

併せてこちらの記事もご確認ください。「表参道駅近くのメンズ脱毛をするならメンズクララクリニックへ

年末年始の休診日をお知らせします。

2022年12月29日(木)~2023年1月5日(木)

ご来院心よりお待ちしております。

12月の休診日をお知らせします。

【12月】
1日(木)
4日(日)
8日(木)
15日(木)
22日(木)
29日(木)
30日(金)
31日(土)

ご来院心よりお待ちしております。