コラム

COLUMN

  • TOP
  • コラム
  • 目の下のクマのたるみは脂肪なの?原因や改善方法を医師が徹底解説!

目の下のクマのたるみは脂肪なの?原因や改善方法を医師が徹底解説!

「目の下のクマ部分のたるみが気になってきた。」と悩んでいませんか?

確かに、目の下がたるんでしまうと老けて見えてしまいますし、スキンケアで解消できないので考えてしまいますよね。

この記事では、目の下のクマがたるんでしまう原因やメンズクララでの目の下のたるみ治療方法をご紹介します。

記事後半には目の下のクマに有効的な美容成分もご紹介するので、ぜひチェックしていただけたらと思います。

目の下のクマがたるんでしまう原因は?

目の下のクマがたるんでしまう主な原因は、皮膚の乾燥・加齢・筋力の低下などが原因とされています。

特に、年を重ねることで筋肉が緩んでしまってたるみやすい状態になってしまうだけでなく、肌の弾力感が失われてしまうためハリ感をキープしなければいけません。

そのため、日々のケアがとても大切です。

また、普段から目の下を擦ったりすることで、皮膚がたるんでしまう原因にも繋がるため気をつけましょう。

目の下のクマは主に3つのタイプに分かれている特徴がある

目の下に出来るクマは、主に3つの種類に分けられている特徴があります。

事前に自分のクマの種類を知っておくことで、悪化させないように普段から予防することもできるのでオススメです。

クマができてしまう原因や習慣だけでなく、治療方法もご紹介するのでぜひチェックしてください。

クマには、青・茶・黒クマがあるため、自分がどのクマに該当するのかを知る必要があるので、ぜひ本記事の内容を参考に自宅でセルフチェックしていただけたらと思います。

青クマの特徴

青クマは、ストレス・睡眠不足・血行不良・眼精疲労などが主な原因とされています。

目の下のクマができる部分に静脈が通っている特徴があるのですが、静脈内の血管が鬱血してしまうことで青クマになってしまう傾向があります。

そのため、目元を軽くマッサージしたりホットタオルで目元を温めて血行をよくすることで、改善されるケースもあるのでぜひ試してみてください。

青クマの方の治療方法は疲労回復の点滴を打ったり、目の下の皮膚が薄い場合クリニックで注射を打つのが効果的な場合もあるので、まずはカウンセリングを受けに相談してみるのがオススメです。

茶クマの特徴

茶クマは、目の下を擦ったりするクセがある方やメイクなどの色素沈着が原因で起こる症状なので、鏡を見た際に目の下が茶色っぽくなっている方は茶クマの可能性が高いとされています。

そのため、ゴシゴシと力を入れて目の下を擦ったりメイクをしたりする方は注意が必要なので、意識して過ごすようにしましょう。

また、ストレスや不規則な生活が原因でメラニン色素が皮膚に残り、茶クマが改善されにくくなってしまうので注意が必要です。

茶クマの治療方法は、色素沈着している部分にレーザーを当てることが効果的なので、クリニックに相談してから施術を受けるのがオススメです。

黒クマの特徴

黒クマは、加齢や筋力の低下で目の下の皮膚がたるんでしまうのが特徴的なので、皮膚がたるんで影になって黒くなるので老けて見えやすい傾向があります。

黒クマは主に加齢が原因とされていますが、若い方でも肌のハリ感が他の方と比べて少ない場合は黒クマが出現する可能性もあるので、注意が必要です。

そのため、肌のハリ感や老化を進行させないようにするためにも、日頃のスキンケアでコラーゲンやヒアルロン酸が配合されている化粧水や美容液を使用するといいでしょう。

黒クマは、患者様の皮膚のたるみ具合によって施術方法は変わりますが、基本的には眼輪筋を鍛える治療法や、たるんでしまっている余分な皮膚を切開する術式が効果的な特徴があります。

ただし、黒クマの進行状況によって治療方法が変わるので、まずは皮膚科やクリニックに相談するようにしましょう。

目元のたるみの原因である影ぐまとは?

目元のたるみでできる影ぐまは、黒クマの可能性が高いです。

紫外線や加齢などの影響で皮膚が老化してしまうと、目元付近の皮膚がたるみやすくなってしまうため、影ぐまになってしまう特徴があります。

このような場合、皮膚科やクリニックで目元の皮膚状況を診察してもらうのが1番早いため、すぐ相談するようにしましょう。

まぶたの構造はどうなっている?

まぶたの構造を簡単に解説すると、眼球を取り囲むように眼窩脂肪があり、眼球を保護する役割がある特徴があります。

目の下のクマ部分の眼窩脂肪が突出してしまう原因としては、もともと目の下の脂肪が多かったり加齢などの影響で筋力が衰えて、眼窩脂肪が押し出されることが原因とされている傾向があるので、少しでも目の下のたるみが気になった方はクリニックに相談するのがオススメです。

クリニックに相談することで余分な眼窩脂肪を切除してくれるだけでなく、目元がすっきりとした印象になるので、若々しい印象を目指すことができます。

上記のような症状を感じているのにも関わらずに放置してしまうと、目の下の膨らみに光が当たって、影ぐまになってしまう特徴があるため早めに相談しましょう。

影ぐまの原因は目の下の膨らみでない可能性もあるので要注意!

目の下には眼窩脂肪以外にも、メーラーファットという脂肪があるため、黒クマが原因ではない可能性があるため注意してください。

目の下部分のたるみが少ない方の場合でも、メーラーファット脂肪が痩せていたり脂肪のボリュームが少なかったりすると、影になって老け顔に見えてしまう傾向もあります。

そのため、目の下の膨らみ=クマと診断されるケースが多くあるので、注意しなければいけない必要があることを覚えておきましょう。

無駄な治療を受けないようにするためにも、医師に「メーラーファットの可能性はあるのでしょうか?」と実際に相談してみるのもオススメです。

実際に見てみると目の下の膨らみ部分だけを見てしまいがちですが、頬の上にあるメーラーファットを見逃さないよう、医師に相談する参考にしてくださいね。

目の下の皮膚がたるんでしまう原因を解説!

ここからは、目の下の皮膚がたるんでしまうことの原因について、医師が深掘りして解説します。

加齢や筋力の低下以外でも目の下の皮膚がたるんでしまう習慣があるので、注意が必要です。

また、予防方法を知ることで目の下のクマを出来にくくすることができるので、ぜひチェックしてくださいね。

加齢や筋力の低下

目の下の皮膚は加齢の影響で目元の筋力が低下し、まぶたの皮膚がたるんでしまうとお話ししました。

このような場合、眼輪筋を鍛える必要がありますが、自宅で眼輪筋を鍛えても効果を実感しにくい事実があります。

そのため、眼輪筋を鍛えるためにクリニックで施術を受けるのがオススメです。

また、皮膚の老化を予防するためにも皮膚の乾燥を抑制したり、外出時に紫外線対策をしたりするのもオススメなので、ぜひ参考にしてくださいね。

ブルーライトが症状を悪化させる

目の下の皮膚がたるんでしまう原因の1つとして、ブルーライトなどの影響の眼精疲労があげられます。

日頃から、スマートフォンやパソコンをみる機会が多い方は目が疲れやすく、眼力が低下してしまうため注意が必要です。

そのため、スマートフォンやパソコンを見る時間を決めたり、ブルータイトカットメガネや保護フィルムを貼り付けたりするのがオススメです。

ちょっとしたことが予防になるので、仕事柄パソコンを見る機会が多い方は注意してくださいね。

眼科脂肪がたるんでいる

目の下の皮膚がたるむ原因として、眼科脂肪が加齢などの影響でたるんでしまっている可能性があります。

クマ=睡眠不足というイメージがありますが、眼科脂肪自体がたるんでしまうことで目の下がたるみ、影となってクマに見えてしまう傾向があるので注意しましょう。

ただし、「自分で眼科脂肪をなんとかしよう!と思っても改善効果を得ることはできないため、クリニックなどで余分な脂肪を切除してもらえる施術を医師に聞いてみるのがオススメです。

少しでも目の下のたるみが気になっている方は、ぜひクリニックに相談してみてくださいね。

メンズクララでは目の下のクマのたるみを改善できる

メンズクララクリニックでは、目の下のクマのたるみを改善するために、豊富な施術メニューがあります。

目の下のクマを改善できるだけでなく、美容効果を同時に得ることができる施術もあるので、ここからはメンズクララの医師が実際に解説していきます。

「目の下のクマを改善する施術を受けたい!」と検討中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

目の下のたるみに対して切開せずに症状を改善できる

当院では、目の下のたるみが原因でクマになっている場合、切開せずに症状を改善する「切らない目の下のクマ取り」という施術メニューをオススメしています。

目の下の余分な脂肪を取り除くだけで、目元が明るく若々しい印象になるので施術後に効果を実感しやすい方が多い印象です。

「切らない目の下のクマ取り」とは?

「切らない目の下のクマ取り」は、まぶたの裏から手術をするため傷跡が目立ちにくい特徴があります。

従来の切開方法よりもダウンタイムが少ないだけでなく、手術時間も短いので比較的受けやすい治療となっているのでオススメです。

「切らない目の下のクマ取り」治療を受けることでたるみが改善されるだけでなく、影になっていた黒クマもなくなるので、少しでも目の下の皮膚のたるみに悩んでいる方はカウンセリング時に相談していただけたらと思います。

「切らない目の下のクマ取り」治療を受けるデメリットを紹介

「切らない目の下のクマ取り」は従来の切開法よりもダウンタイムが少ないとお話ししましたが、施術を受けることに抵抗感を抱いている方も多いと思うのでご紹介します。

「切らない目の下のクマ取り」治療を行った場合、腫れや内出血が出る可能性があります。

ただし、患者様の体質によっては腫れや内出血の症状が悪化してしまう恐れがあるため、1週間は安静にしておくのがオススメです。

術後の経過イメージ

「切らない目の下のクマ取り」治療を行うことで、目の下の膨らんでいる皮膚がすっきりとした印象になって、目元が若々しい印象になっています。

(「切らない目の下のクマ取り」の症例写真を追加)

「目の下の切らないクマ・たるみ(ふくらみ)取り」術後のダウンタイム

目の下の皮膚のたるみが多い方が「切らない目の下のクマ取り」を行うと、皮膚が余ってしまうケースも稀にあるので注意が必要です。

また、カウンセリング時に目の下の皮膚状態を医師が見た際に、他の施術と合わせて行った方が効果を実感しやすいケースもあるため、「切らない目の下のクマ取り」治療のみでも効果は実感できますが、より綺麗な目元にしたい方の場合追加料金がかかるケースもあります。

そのため、追加料金がかかってしまう可能性も含めて、早めに医師に相談するのがオススメです。

目の下のクマに有効な美容成分を医師がご紹介!

目の下のたるみは年齢を重ねると共に、肌のハリ感や弾力が失われてしまう傾向があります。

できることなら、日々のスキンケアで少しでも予防できたら嬉しいですよね。

どんなスキンケアアイテムで肌のハリや弾力を補充できるのかや、オススメの美容成分をご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

コエンザイムQ10で若返り成分を補充

コエンザイムQ10は加齢と共に減少してしまう特徴があるのですが、活性酸素の働きを抑制してくれる特徴があります。

活性酸素の働きが促進してしまうことで肌の状態が悪くなってしまったり、体内の細胞にダメージを与えてしまうため注意が必要です。

一方、コエンザイムQ10をサプリなどで摂取することで、シワやたるみなど皮膚の老化を抑制してくれるので、肌の老化と目の下のたるみなどを改善したい方はぜひ参考にしてくださいね。

ビタミンCで改善効果を促進!

ビタミンCは肌のハリ感をアップさせてくれるだけでなく、シミ予防などの効果も期待できるのでオススメです。

特に、ビタミンC誘導体を含んでいる化粧水や美容液を使用することで、肌の老化やシミを予防してくれる効果が期待できるため、紫外線などによってダメージを受けた肌を鎮静させる効果もあります。

ビタミンCやビタミンC誘導体をスキンケアで摂取するだけでも変わるので、美容効果が得られるだけでなく様々な皮膚トラブルの予防にもなるのでオススメです。

今使用しているスキンケアアイテムの成分を見直して、ビタミンCやビタミンC誘導体を含んでいるのかをチェックしてみてはいかがでしょうか?

コラーゲンで若々しい肌をキープ

コラーゲンを摂取することで肌のハリ感や弾力がアップするので、小じわなどを改善しながら若々しい肌をキープすることができます。

しかし、20歳を過ぎるとコラーゲンは減少していく傾向があるので、日々のスキンケアでコラーゲン成分を補う必要があります。

ただし、紫外線を浴びることでコラーゲンが破壊されてしまう特徴があるので、肌の内側からのケアをするのもオススメです。

スレッドリフトでコラーゲンを生成してくれる施術などもあるので、ぜひクリニックに行って相談してみてはいかがでしょうか?

セルフケアでの解消はできないの!?

目の下のクマはセルフケアで改善する可能性もありますが、クマの種類によっては改善されないケースもあるため注意が必要です。

ですが、セルフケアで目の下のクマが改善できるのであれば、試してみたいですよね。

目元のクマのケアついて、お気軽にメンズクララまでご相談ください。

記事監修医師プロフィール

医療法人社団Clara理事長
メンズクララ院長/医師

神林由香

日本皮膚科学会正会員。日本抗加齢学会正会員。メンズヘルス医学会会員。 美容外科専門医(JSAS)。
東京大学理科2類中退後、2011年香川大学医学部卒。
東京女子医科大学病院初期研修、東京女子医科大学病皮膚科入局、2016年大手美容外科都内分院スキンクリニック院長などを経て現職。