美容クリニックの選び方〜カジュアルレストランで、高級レストランの調理方法を要求するのはカッコ悪い

男性美容について

レーザーなどの機器の効果は、照射方法によって違うのでしょうか。

標準的なクリニックの場合

美容クリニックでは、様々な機器を扱っています。

そして機器それぞれに、標準的な照射の仕方というものがあます。

それを肌質などによって当て方を変えたりして、なるべく効果が高く出るように安全に配慮しながら使用しています。

それが、標準的なクリニックでの標準的なやり方です。

この方法で出せる効果を、仮に 10万円で100% としましょう。

専門クリニックの場合

機器の効果を最大限に出すために、研究を重ね、標準的な照射方法ではなく独自の理論で独自の方法で照射している専門クリニックもあります。

多くは最大限の効果を出すために、安全性の限界までチャレンジするような方法です。

具体的な数字はきちんとしたデータが必要ですが、イメージとしては110~130%ほどの効果を得られる可能性があるでしょう。

これを仮に 13万円で120% とします。

安売りクリニックの場合

逆に、安売りクリニックなどでは、手間が少なくなるように加減して照射している場合があります。

よく「出力を上げてくれ」と言われますが、単純に出力さえ高くすれば簡単に高い効果を得られるわけではありません

患者様ひとりひとりに合わせて高い効果が出るようにするには、カウンセリングや肌チェック、肌診断なども含めた手厚いケアが必要になります。

そういうコストを省いている分、価格を安くすることができるのです。

その場合に得られる効果は、イメージとして70~90%でしょう。

仮に 8万円で80% とします。

機器は同じでも、効果は違う

さて、あなただったらどのクリニックを選択しますか?

機器は同じでも、扱い方によって効果が違うのは事実です。

 

美容施術はトイレットペーパーではありません。

安易な最安値検索はしない方がいいのです。

 

  • どのくらい丁寧にケアしてくれるか?
  • 居心地は?利便性は?
  • 専門家として信頼できるか?
  • 価格は?続けられる価格か?

 

考え方はそれぞれで、決まった正解はありません。

Tシャツはユニクロ、スーツはアルマーニといったように、施術内容によって使い分けるのも選択肢のひとつです。

モンスターペイシェントにならないために

滅多にいませんが、たまに、とんでもない輩が出現します。

なんと、専門クリニックのホームページに記載してある「専門クリニックならではの特殊な照射方法」を安売りクリニックに要求するのです。

「書いてある通りにやればできるでしょ!」と。

プロスポーツ選手が書いた本を読めば、誰もが一流選手になれると言っているようなものです。

美容施術をナメすぎです。

安易に出力を高くすると、火傷などの危険もある

適正値を超えた出力で照射すると、火傷になって消えない傷ができてしまったり、シミが濃くなってしまったり、様々なリスクがあります。

それを避けるために「標準的な照射方法」が決められているのです。

そのなかで専門的にじっくり検証して、リスクを避けながら最大限の効果を出そうと技術力を高めて極めた結果が「専門クリニックならではの特殊な照射方法」です。

ホームページには記載しきれない(というか企業秘密?)安全対策などもあるでしょう。

それを、いきなりマネするのは危険きわまりない行為です。

安易に考えているのかもしれませんが、医学的にはそういうリスクがあります。

安価で無理な要求をするのは、カッコ悪い

さらに、主張したいポイントはもうひとつあります。

カジュアルレストランに行って、高級レストランの調理方法を要求するってどう?

ということです。

 

カジュアルレストランにももちろん良さがあります。

何よりも価格が安いですし、気軽に入りやすい、繰り返し通う場合でもお財布に優しいです。

味だってそれなりに良いでしょう。

すべてが、カジュアルに提供されるようなシステムになっています

 

高級レストランはなぜ高いのか?

素材も高級でしょうが、価格の差は、素材の原価の差だけでしょうか?

理論的には高級レストランと同じ調理方法で同じ素材を使えば同じレベルの料理ができそうです。

でも、高級レストランのシェフが、「自分はこんな風にこだわって調理している」ってネットに書いてあったのを見つけたからって、それをカジュアルレストランに要求するってどうですか?

人間性を疑いません……?

正当な要求は、むしろすべき

もちろん、正当な要求はむしろすべきです。

例えば美容の施術を受けるときに、

  • ヒゲを剃るときに傷つけてしまったところを避けて欲しい
  • 腰痛だからクッションを当てて欲しい
  • 前回の照射で効果を感じられなかった部分があるから、そこを特にしっかりやって欲しい

などなど……。

そういう正当な要求は、遠慮せずにするべきだと思います。

 

他にも

「専門クリニックのホームページを見たら、こんな照射方法なら効果が高いって書いてあったけどどうなの? なんでここのクリニックではそうやってないの?」

って質問するのは良いと思います。疑問はちゃんと解決したほうがいいですからね。

 

その質問の答えは、例えば

「当院の方針は標準的な方法で十分と考えているため、この照射方法を行っています。

その特殊なやり方で照射して欲しければ、ここでは技術的にも安全性の面からもシステム上の理由からも無理なのでその専門クリニックに行ってください」

といったものなどでしょう。

クリニックによって、様々な回答を得られると思います。

 

それを聞いて何を選択するかは個人の自由です。

ただし、明らかに安く済ませたいからという理由で安売りクリニックに行って専門クリニックと同じことを要求するのは不可能。

何よりカッコ悪いです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。