ダイエットを難しくしている原因

痩身、脂肪

食べなければ、痩せます。

こんなに簡単なことなのに、なぜできないんでしょう?

原因は3つあります。

  1. 食欲を抑えるのが難しい
  2. 食事制限をせずに痩せようとする
  3. 健康的に痩せようとする

この記事ではこの ダイエットを難しくしている3つの原因 を解説します。

食欲を抑えるのが難しい

まず第1に食欲を抑えること自体が難しいのです。

食欲は人間の生理的な欲求なので、対策もナシに抑えるのはとても大変です。

痩せなきゃいけない理由があれば食欲は我慢できる

もし、

「これから1週間、何も食べずに水と塩だけで過ごしたら1億円もらえます」

と言われたらどうでしょう?

かなり多くの人が、実行できるのではないでしょうか。

 

結局、痩せようという意思が弱い んじゃないかと思います。

本気で痩せようって思ってないんです。

今の体型でもまぁいいかって心のどこかで思ってる。

 

まあ、そういう精神論は置いといて、頭では理解していても食欲は人間の本能なのでなかなか抑えにくいです。

禁断の食欲抑制剤について

ちなみに本能的な食欲を抑える薬があるので、うまく利用すると良いです。

参考:ダイエットの最大の敵「食欲」を抑える禁断の薬「サノレックス」

食事制限をせずに痩せようとする

第2に、食事制限をせずに痩せようとすることが挙げられます。

食欲を抑えるのが難しいので、食事制限をせずに痩せよう、と考える人は多いです。

その場合1番良いのは運動ですが、それも嫌となるとかなり厳しい戦いになってきます。

食事制限をしないダイエット理論では効果が出にくい

食事制限をせずに痩せるためのダイエット理論はたくさんあります。

それに、どれもあながち間違っている訳ではありません。

ですが、食事制限をしないダイエット方法は効果に個人差も大きいです。

健康的に痩せようとする

実はこの発想が1番、ダイエットに悪影響を与えているかもしれません。

「痩せる」と「健康的」は別

痩せるということと、健康的であるということは、別の要素です。

内臓脂肪が多くて生活習慣病になっている人が痩せるのは健康的ですが、病気になって痩せ細ってしまうのは不健康です。

でも、どちらも痩せるという事実は同じです。

また、健康的だとされている生活習慣 ―― 例えば、毎朝きちんと朝食を摂り、野菜や果物をたくさん食べ、毎日1時間運動する ―― だとしても、カロリーを多く摂取していれば痩せることはありません。

「痩せる」と「健康的」を同時に達成しようとするから挫折する

普段、食生活をきちんとできないから太っているわけです。

そんな人が「健康的な食生活」と「痩せること」を同時に達成しようとしたら、すぐに挫折してしまうのは目に見えています。

健康的な生活を送っても、痩せるわけではない

よく言われている、

  • お酒を控える
  • 朝食をきちんととる
  • 野菜果物をきちんととる
  • バランスの良い食事内容

などは健康にはとても大切です。

でも、それらはそのまま痩せることとイコールでは全くありません。

ひどい食生活でも、摂取カロリーを減らせば痩せる

痩せるにはとにかく摂取カロリーを減らすことです。

摂取カロリーさえ減らせば、

  • お酒を飲んで
  • 朝食を抜いて
  • ひどく不健康な食事内容、

だとしても必ず痩せます。

お菓子ばっかり食べていても、ファーストフードばっかり食べていても、総摂取カロリー量さえ少なくすれば、痩せます。

(それを推奨しているわけではありません)

そこのところを勘違いしてはいけません。

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。