誰でも簡単に痩せられる、唯一の方法

痩身、脂肪

どうして世の中に、ダイエット法についての本やら何やらが大量に出回っているのか、まったく理解できません。痩せる方法は簡単です。

食べないこと。

以上です。

絶食を続ければ、いつか痩せ細って死にます。
すぐに死なないように、水分と適度の塩分は必要です。

人間は水分と塩分だけで1ヶ月くらいは生きられると言われています。その間、どんどん痩せ細ります。

 

運動?

運動すればその分カロリーを消費するので、痩せやすくなりますが、それ以上に食べてしまったら、むしろ太ります。

意外に知られていないようですが、かなり激しい運動をしても、たいしてカロリーは消費されません。

フルマラソン42.195kmを完走しても2500kcal程度しか消費されません。成人男性であれば1日にそのくらいのカロリーは摂取しています。1日絶食すれば、フルマラソンを完走したのと同じくらいのダイエット効果があります。

かなり運動をたくさんしても、消費されるカロリーはそれほどでもない、という認識は非常に大切です。

 

お酒を控える?

お酒が戒律で禁じられている国家では、お酒のかわりに甘いものが嗜好品として好まれるため、肥満と糖尿病が蔓延しているというのは有名な話です。

お酒にもカロリーはあるので、飲まないに越したことはないですが、お酒を控えれば痩せる訳ではありません。

ホンモノのアルコール中毒者は、お酒ばっかり飲んでご飯をあまり食べないので、痩せていることも多いです。

 

野菜を食べる?

炭水化物と脂質をかなり控える代わりに野菜を食べるのであれば効果的でしょうが、普段の食事にプラスで野菜を摂ったら、基本的にはその分カロリーオーバーで太ります

同様に、朝食を食べるようにすると、その分だけカロリーオーバーで太ることが多いです。

極度のビタミン不足で代謝が悪くなっていた場合は、ビタミンミネラルが補給されて、多少体重が減ることもありますが、しっかりとダイエット効果がでるほどのものではありません。

まとめ

細かい要素もあるにはありますが、
基本的には、食べた分のカロリー量と消費した分のカロリー量の差で、痩せるか太るかは決まっています。

イン(in)とアウト(out)のバランスです。

何もりもまず、食べないこと。
次に、やはり食べないこと。
重要性は大きく落ちて、運動してエネルギーを消費すること。
でもやっぱり最終的には、食べないことです。

運動してお腹が空いて食べちゃう、は、最悪です。

食べなければ必ず痩せます。

無駄なダイエット論にお金を使わず、
値段の高い痩身治療には手を出さず、
食費も浮いて、

いいことしかないです。

食べなければいいだけです。

なぜそれだけのことができない?

・・・つづく

関連記事

この記事へのコメントはありません。