まずアイプチをやめる

アイプチは立派な整形です

アイプチなら整形ではない?

そんなことはないでしょう。

美容整形の定義が”医療行為”であれば、
シミを取るのは整形
アイプチで二重を作るのは整形ではない
ということになりますが、どう考えても変な理論です。

アイプチも埋没法も作ろうとしてる形は一緒

生まれつきの形とはだいぶ違うものを作るのですから、アイプチは立派な整形です。アイプチなら良くて埋没法はダメという理論がまかり取っているのは意味不明です。

最悪、埋没法をしておいて、「アイプチで癖がついた」と言えば良いんじゃないかと思います。多くの人がそう言ってます。

アイプチはまぶたに非常に悪い

アイプチは、まぶたの皮を引き延ばして二重を無理やり作るものです。

一重の人は、加齢とともにまぶたの皮がたるんで二重っぽくなりますが、それを人工的に作っているような原理です。

最近の人は、男も女もこぞってアイプチをしています。

まぶたに負担がかかって美容的に何もメリットがないので、早めに埋没法に切り替えるべきです。

二重にするなら埋没法が手軽でまぶたに負担もかけず、仕上がりも良いです。

二重の種類

二重のラインを作るだけなら埋没法で簡単につけることができます。
(目の形をすべて変えられるわけではありません)

蒙古襞とは

日本人は、もともと二重の人だとしても、蒙古襞(モウコヒダ)が目頭側にあることがほとんどです。

(図)

二重の形は末広型と平行型に分けられます

(図)

平行型

もともと平行型の人は蒙古襞がほとんどありません。
日本人でもともと平行型二重の割合はかなり少ないです。

末広型

末広型は、二重のラインが蒙古襞に吸い込まれるような形で、日本人の二重には多い形です。蒙古襞が張っているタイプでは奥二重に、少ないタイプではパッチリ系の二重になることが多いです。

女性は平行型になりたがる

埋没法での二重形成を希望する女性のかなり多くが、「平行型の二重」を希望します。

「ナチュラルに」とオーダーされるのですが、そもそも蒙古襞が張っているのに平行型の二重という時点で非常に人工的で、見る人が見ればすぐバレてしまうくらい不自然です。

しかし、アイプチをするときにその形で作っていることが多く、違和感を感じないようです。

蒙古襞が張っている平行型の二重というのは本来はあり得ない形なのですが、アイプチで作っても、埋没法で作っても似たような形ができ、多くの女性がその形をしているので、もはや違和感もない、市民権を得た二重の形になっているのかもしれません。

いずれにせよ、本当に綺麗な平行型の二重を作るには、目頭切開という手術で蒙古襞を処理する必要があります

男性は末広型になりたがる

埋没法での二重形成を希望する男性の多くは、「末広型の二重」を希望します。

残りの「奥二重」と「平行型の二重」を希望する割合は半々くらいな印象です。

埋没法による末広型の二重および奥二重は、パッと見で整形してるのかしてないのか分からないことがほとんどで、かなりナチュラルに仕上がります。

一重にも実は2種類ある

一重の目元にも実は種類があって、

・奥二重に近い構造でスッキリと切れ長
・完全に一重の構造で重そうで眠そうな感じ

いわゆる「一重の男性の目が好きハァト」という女性は、無意識のうちに切れ長の目元を想像しています。

重そうな眠そうな一重もそれはそれで良いですが、ほぼ一重のままでスッキリした印象になるように「限りなく一重に近い奥二重」を埋没法でオーダーすると、いい感じの女性ウケの良い切れ長の目元に近づきます

埋没法を受けている人数はかなり多い!

埋没法を受けている人の数は男女ともに、ものすごーく多いです。

うじうじ悩んでいたり、
アイプチでまぶたを破壊してるなんて
人生がもったいない気がします・・・

関連記事

この記事へのコメントはありません。