アゴの形を整えてシャープな印象に

アゴ

美しさは口元がポイント

アゴ?
アゴを変えてカッコよくなるの??

疑問に思う方も多いでしょう。
普通は目と鼻のパーツの形のみが注目されることが多いですが、
美は口元が非常に大切です。

マスク美人

マスク美人という言葉があります。
マスクで口元を隠せば美人に見えるという意味です。

それほど、口元で差がつきます。

アゴは手軽なプチ整形で整えやすい

口元は、骨格による部分が大きく改善させるのは難易度が高いですが、アゴだけは例外です。

口元で整えやすいのは、アゴです。

アゴはヒアルロン酸を入れるだけの手軽なプチ整形でかなり形を整えることができます。

正面からの輪郭と、横顔のEラインの比率のバランスを見ながら入れていきます。

(図)

正面から見たとき、顔が小さく見える効果もあります。

アゴのプチ整形はバレにくい

全体的に丸顔でも、アゴの部分が少しシャープになると、だいぶ整った印象になります。

アゴは、普通はじっくりと観察する部位ではないので、多少整えてもほとんど他人に気づかれません。

印象がシャープになるため、「あれ?なんか痩せた?」と言われる感じです。

女性や、外見をウリにする仕事の男性の間では、もはや常識になっているプチ整形です。

ケツアゴは埋めよう

先が二股に割れているいわゆるケツアゴも、ヒアルロン酸で簡単に埋められますので、せめてそのくらいは埋めておきたいところです。

アゴの形を整える方法

アゴの形を整える方法は、

・シリコンプロテーゼを入れる
・ヒアルロン酸などの溶ける注入剤を入れる

の2通りの方法があります。

アゴの場合はヒアルロン酸で形が十分綺麗に整うことが多いです。
(鼻の場合はヒアルロン酸では限界があり、シリコンプロテーゼの方が形は整います)

永久になくならないものはメンテナンスが必要

溶けてなくならない、永久的なものがいい、という発想もあります。

もし、加齢でも全く顔が変わらず、なりたい形も全く変わらないのであれば、それも悪くないでしょう。

しかし実際は、顔の骨の形も皮膚も、年々変化しています。

顔自体が変化しているのに、入れたシリコンだけ変化しないため、そこがだんだん浮いて見えてしまったりすることが多いです。
いわゆる整形劣化のひとつです。

そのため、違う形のものに入れ替える手術を受けるなど、いわゆるメンテナンスが必要になります。入れたものは永久的に溶けないものでも、永久に美しい形が保てる訳ではないということです。

アゴは微調整が大事

また、アゴの場合は輪郭とのつながりの微調整も重要で、それはヒアルロン酸ではできても、プロテーゼではできないことも多いです。

元のアゴがかなり小さくて引っ込んでいるためにヒアルロン酸だけでは形を整えにくい場合を除いては、ヒアルロン酸はかなり優秀です。

二重アゴの改善

脂肪溶解注射

アゴを綺麗に見せるには、二重アゴと呼ばれる、アゴ下の脂肪を減らすのも良いです。

一昔前までは、脂肪吸引で外科的に大がかりに減らす方法しかありませんでしたが、最近は脂肪溶解注射で減らすことができるようになりました。

液体を注射することで、脂肪をある程度減らすことができます。

二重アゴの解消などに最適です。

溶ける糸によるたるみ改善

ただし、アゴ下の部分は重力の関係で皮膚のたるみが集まりやすい部分でもあります。

脂肪をある程度減らしても皮膚が余ってしまいたるんで見える場合には、アゴ下からフェイスラインの溶ける糸のリフトアップが有効です。

(図)

この記事へのコメントはありません。