顔立ちが美しいことの価値は下がった?!

美容整形について

美容整形手術を受けている人の数はかなり多い

プチ整形の広まりとともに、本格的な美容整形手術も次第にオープンにされるようになってきました。

それをどこまで受け入れるかはかなり個人差はありますが、実は手術を受けているという人の数は、おそらく一般的に考えられているよりもかなり多いです。

ナチュラルな仕上がりの美容整形手術が人気

テレビなどでは、もとの面影をまったく残さないほどたくさん美容整形手術を受けている有名人などが放映され、美容整形=常人ではあり得ないような形、と認識される風潮もあります。

が、実際はそこまで超人的に変化させようとする人は少なく、多くは普通の人の美的感覚に沿うような仕上がりです。
実際に美容整形手術を受けているのかどうかは見ただけでは分からないことがほとんどでしょう。

美容整形手術でどこまで美しくなれるのか?

美容整形手術でどこまで美しくできるのかは、もちろん元の顔立ちによります。

美しさは、

顔全体の配置バランス
×パーツの形
×若々しさ

で決まります。

パーツの形は変えやすい

そのうち最も美容整形手術で変えやすいのはパーツの形です。

配置バランスが良く肌などが若々しければ、かなり美しさレベルを上昇できる可能性があります。

誰もが「整形疑惑」をかけられる時代

パーツの形を手術で変えることができるというのはもはや常識になっているので、パーツの形が生まれつき一般的に美しいとされている形の人は、特に何もしていないのに「整形疑惑」をかけられることもあります。

美容整形じゃなくても容貌は変わることはある

有名人などは、プロの目から見ても明らかに美容整形ではない変化まで、「整形疑惑」「整形疑惑」と疑いの眼差しを向けられるようになっている時代です。

一般的に、老化や体重の増減だけでも容貌は変化します。

顔立ちが美しいだけで評価される時代は終わった

そんなことはないと反論されるかもしれませんが、容貌が美しいことが絶対的な価値を持っていた昔に比べると、現在はそれだけでは評価されにくい時代になっています。

芸能界などで大活躍する人が、誰よりも優れた容姿とは限らないことがそれを象徴しています。

容姿レベルを上げるかどうかは自分次第

水商売や芸能・美容関係の職業の人の間では、老若男女問わず、容姿レベルをアップさせる努力をするのは当然と考えられています。

容姿レベルのアップは美容整形手術だけでできるものではありません。それも選択肢の一つというだけです。

容貌はある程度は整えられるものであって、整えるかどうかは自分次第。

自分の外見は自分の責任です。

全体的な自己プロデュースの一環としてどこまで美容医療を取り入れるのかも自分で選ぶ時代です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。