身だしなみとして常識になりつつあるプチ整形メニュー

美容整形について

「美容整形」のイメージは過去のもの

昔はコソコソ行われていた美容整形

どこまでが整形?の記事の通り、美容整形と聞いてみんながイメージするのは、いわゆる昔ながらの本格美容整形手術です。

昔はそれもコソコソ行う文化でしたが、最近ではだいぶポピュラーになってきました。

本格的な美容整形にはまだ抵抗感も強い

それでも、小さい頃の写真と全然違うとか、久しぶりに会った友人に「誰?」と認識してもらえないとか、そういうことに抵抗感のある人はまだまだ多いかもしれません。

近年人気なのはプチ整形

それに比べると、プチ整形やアンチエイジングなどはだいぶ市民権を得ています。特に、形を変えるというよりは身だしなみに近い、脱毛、汗の対策、美肌メニュー、アンチエイジング系全般などは、もはや常識的なものと認識されています。

脱毛をプチ整形と呼ぶのってどう?

医療行為という括りなだけで、それらを「プチ整形」と表現すべきかどうかも微妙なところです。

男性に人気のプチ整形メニュー

特に男性に人気なメニューは

脱毛
ワキ汗ボトックス
ニキビ治療
クマ治療(経結膜脱脂)
ホクロ、シミ治療

です。

清潔感をアップさせるメニューが人気

これらの治療は、美容施術の中でも、清潔感をアップさせるタイプの治療になっています。

女性の間では以前から常識となっている施術ですが、近年は男性にも身だしなみの一環として浸透してきているのだなと、日々の診療で感じています。

清潔感って何?

清潔感と清潔とは違います。
清潔「感」です。

男性に人気なプチ整形メニューは、いらないものを除去するもの。
ムダ毛、汗、ニキビ、クマ、ホクロ、シミ、お腹のぽっこり、etc..
全部いらないものです。

いらないものが身体についていると不潔な感じがするのです。

これらは、自分の努力だけでは解決できません(お腹ぽっこり以外)。

単純に「不潔」は論外

何日もお風呂に入ってなくて髪の毛がベッタリだったり、
衣類を洗濯しないとか、
部屋が汚すぎて臭いがついてるとか、
ヒゲ剃るのめんどくさいとか、

そういう本当に単純に「不潔」なのは論外ですが、
自分で解決できない部分は医療の力を借りるとすんなり解決します

プチ整形の恩恵を受けている男性は多い!

男性同士で美容の話題はあまりしない

美容医療に関することは、人には言わない、隠す、という長年の文化がありますので、美容クリニックに通っていることを友人や同僚にも言わない男性は多いです。

隠すつもりはなくても、女性と違って、美容の話で盛り上がる、、なんてことも少ないので、知る機会もないかもしれません。

美容クリニックに通うのは「普通」の男性

美容クリニックに行ったことのない男性からしたら、
なんだか美意識が高くてチャラチャラしてイケメンだかイケメン風だかの、自分とは関係ないような謎のメンズ・・・
をイメージするかもしれません。

実際に通ってくださっている男性患者様は、外見も職業も美容に対する意識も、かなり人それぞれです。

こう言って良いのかどうかわかりませんが、地味な感じの男性はかなり多いです。

男性の患者様の数そのものがかなり多いので、あえて取り上げるほどでもないですが、おそらく一般的に認識されているよりも、いわゆる「普通」の男性が美容クリニックを上手に利用しています。

全体的に男性の外見レベルは上昇

女性はもちろん、これだけ多くの男性が美容クリニックを利用しているのですから、男性の清潔感や外見のレベルの平均は、一昔前に比べて大幅にアップしています。

男だから多少は・・と許されていた(?)不潔感も、もはや許されにくい時代になってきたのかもしれません。

関連記事

この記事へのコメントはありません。