「男は顔じゃない」という女の嘘

イケメンよもやま話

多くの女性は
「男は顔じゃない」
と本気で思っています。

顔じゃないなら、純粋に中身で勝負できるはずなのに、外見だけで落とされてしまう男性がいるのはなぜ?

 

それは女が嘘つきだから・・・

 

ではなく、「男は顔じゃない」の解釈の違いです。

男性が女性を選ぶとき、外見をある程度は重視することが多いです。その度合いは、女性よりも男性の方が強い。

「男は顔じゃない」に比べて「女は顔じゃない」というセリフは浸透していません。男性はあまりそう思わないからでしょう。

 

女性は言います。

顔はタイプじゃないけど彼が本当に好き
顔で男を選ぶことはない

顔なんか関係ない
男は顔じゃない

と。

 

なのに、中身を見ようともされず、一瞬で落とされてしまう男性のなんと多いことか。

 

男性は、許容範囲の女性ならぶっちゃけ誰でもOK!という感覚なのに対し、
女性は、たった一人だけ選ぶという気持ちが強いです。

女性が男性に求める要素はたくさんあります。

顔、身体、優しさ、男らしさ、経済力、自分を大事にしてくれるか、趣味、価値観、年齢、誠実さ、面白さ、性的魅力、etc…

 

男性と違って女性は、結婚相手じゃなくても基本的には常にたった1人だけを求めています

たった1人の男性を選ぶとき、こんなにたくさん欲しい要素がある中で、とりわけ顔だけを最重要視して顔で男性を選ぶなんてことはありません
顔だけを見たら誰よりも一番好みの男性がいたとしても、それだけじゃ決定打にはなりません。

 

・顔だけは最高だけど他がダメダメなAくん
・顔はあんまりタイプじゃないけど他の要素がすべて完璧なBくん

大抵の女性はBくんを選びますし、顔はタイプじゃなくても本気で好きになります。

そんな心の機微を、女性たちは「男は顔じゃない」と表現します。

なので、ほとんどの女性は「男は顔じゃない」と断言します。

 

そこをあえて、でもやっぱり私はAくん、っていう超面食いな女性がいたとしたら、その女性はAくんレベルの容姿じゃなければ絶対に落とせないでしょう。

 

 

一方、男性は、「女は顔じゃない」なんて思っていないので、そんなことを言うことはありません。

「女は顔じゃない」と言ったら、女を選ぶ時に顔は全く関係ない、という意味になると思っているからです。
関係なくなんかないので、そんなこと言いません。

 

・新しい登場人物Cくん。

なんとCくんは、優しさ、男らしさ、経済力、自分を大事にしてくれるか、趣味、価値観、年齢、誠実さ、面白さ、など全てにおいて完璧な中身の持ち主です。

そんなCくんですが、顔と身体と性的魅力が圧倒的に足りません

するとどうでしょう、ほとんどの女性は、Cくんの素晴らしい中身を見ようともせず、

半径5m以内に近づかないで

という仕打ちに出ます

そんな訳で、Cくんの素晴らしい内面は、女性に気付かれることもありません

 

男は顔じゃないんじゃなかったのか・・・?

何かの要素が圧倒的に欠けていたらダメなのでしょうか?

女性が男性を選ぶかなり重要な要素に“経済力”があります。
“経済力”が圧倒的に欠けているイケメンは、古代から「色男、金と力はなかりけり」と揶揄されつつも、ヒモ、ツバメ、などという名称で女性に可愛がられて生きながらえています

同様に、“誠実さ”も女性は本気で求めているのは本当なのですが、まったく誠実さのかけらもない男性に翻弄され続けている女性も数多くいます。

 

顔・身体・性的魅力は、他の要素に比べて、決定打にはならなくても、合格最低ラインが高いのです。
それをクリアしない限り、それ以外の要素は見てもらえません。

 

「男は顔じゃない」

とは

「男を最終的に顔だけで選ぶことはないが、ある程度以上の外見じゃないと男として見られない」

と言う意味です。

 

なんだ、やっぱり男は顔じゃないか!!

 

ほぼ全ての女性に共通する、
顔・身体・性的魅力の合格最低ライン
というのはありますので、そこをクリアしようと努力すればいいということになります。

 

 

 

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。