「なりたい自分」に数万円で近づける時代

男性美容について 男性美容の基本知識

今は「なりたい自分」に数万円で近づける時代です。

美容整形でどこまで外見を変えられるか?

テレビなどでも頻繁に取り上げられ、ますます身近になってきた「美容整形」。

一体どこまで容姿を変えることができるのでしょうか?

「変える」だけなら、どこまでも変えられる

ガチな本格整形手術をするとして(他記事参照)、「変える」という観点では、ある程度どこまでも変えることはできると言えます。

もはや人間とは思えないレベルまで変えた(変わってしまった?)人をテレビなどで見たことがある方も多いでしょう。

「なぜそこまでいく前に止めてあげなかったのか?」など医師の倫理観を問う声もありますね。

でも、本人が強く希望している以上、どこまでで止めるべきなのかどうかについては難しい問題だとは思います……。

(個人的にはオススメしません)

美しくしたり、若くするには限界がある

変えるならどこまでも変えられる美容整形ですが、「美しく」「若く」となると、限界はあります。

形を物理的に手術で変化させて黄金比っぽくガッツリ整えたとしても、やり過ぎたり下手にやったりしてしまうと、どことなく違和感・作り物感が出てくるものです。

「キレイな形のはずだけど、なんかおかしい・・・」というのが率直な感想ではないでしょうか。

やりすぎた瞬間に、美しさは遠のきます。

同様に、若くするのも大変です。

参考:見た目年齢を10歳若返らせるよりも、永遠の30代でいるほうが簡単な理由

 

とは言え、心配には及びません。

やりすぎておかしくなってしまうまで顔を変えるには、相当の数をこなさなければならないので、普通の人がそこまでのレベルに達するにはかなり修行が必要。

大抵の人はそこまでのハイレベルに到達しません。

逆に、コツをつかんでうまくプチ整形を取り入れると、手軽にちょっとレベルアップできます。

美しさと若さを極限まで追求するのは難しいが、少しレベルアップするのは簡単

美しさや若さを追求しようとしすぎると、やりすぎて泥沼に落ちてしまうこともありますが、

手軽なプチ整形で120%の自分を手に入れるのはとても簡単です。

プチ整形で手軽にレベルアップ

当サイトでも手軽にできるプチ整形をいろいろご紹介しています。

でも美容皮膚科治療でシミやイボをとったり、ヒアルロン酸や糸、ボトックスなどで気軽にバランスを整えたりすることで、かなりブラッシュアップすることができます。

整形オリンピックを目指す必要はありません。

ガチな美容整形手術は、整形オリンピックのような上を目指すには良いですが、副作用やダウンタイム(腫れや内出血などで外に出られない期間)も多く、ハイリスクハイリターンです。

それに比べると、美容皮膚科でできるようなプチメニューは、ローリスクで手軽な割に、外見レベルをアップさせる効果が高いので、取り入れる人は増える一方です。

プチ整形は価格もプチ

有名なところだと、輪郭を少し細くする、ボトックス注射や脂肪溶解注射があります。

副作用も少なく、価格も数万円くらいから取り組むことができます。

薄毛も治療できます。

シミやイボも低価格で治療できます。

やってる人とやってない人では大きな差がつく

プチ整形技術は、文明の利器です。

同じ40代女性でも、美容クリニックでアンチエイジングするのが当たり前な文化の東京の女性と、そんな文化がないのかもしれない田舎の女性ではとても同じ年齢とは思えないほど外見レベルが違います。

電気も水道もなかった時代に川に洗濯に行っていたのに比べて、洗濯機も食洗機も使えるようになった現代では生活がガラッと変わったように。

美容に医療を取り入れるかどうかで外見レベルはガラッと変わります。

 

洗濯機や食洗機を使うか使わないかは本人の自由です。

やっぱり自分の手で洗濯板と石鹸でゴシゴシやるのが良いのだという考えを否定はできません。

同様に、薄毛もシミもイボも、味があっていいじゃないかと言われれば、仰る通りです。

やるかやらないかは、自分の選択です。

自分の外見は自分の責任が9割

薄くて寂しい髪の毛も、シミとイボの多い肌もたるんだお腹も、まばらに生えて整っていないヒゲも筋肉のない体も。

すべて、今はそこまで高くもない価格で解決できる時代です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。