コラム

COLUMN

  • TOP
  • コラム
  • クマ取りにオススメな目の下の治療法は?施術方法などを医師が解説!

クマ取りにオススメな目の下の治療法は?施術方法などを医師が解説!

「クマ取りにオススメな治療方法はなんだろう?」と考えていませんか?

クマは日常生活を変えるだけではなかなか改善することができないので、悩んでしまいますよね。

この記事では、クマ取りにオススメな治療の施術法を医師が解説します。

記事前半ではクマができる原因やクマの種類に関してもお話しするので、ぜひ参考にしてくださいね。



クマができる原因とは?

クマができる原因は様々あり、血行不良・睡眠不足・目の疲れなどが原因とされています。

そのため、目を温めて血行を良くしたり目の疲れを良くするために目薬をさしたりする必要があるので注意が必要です。

目が充血しているほど疲れている場合は睡眠不足の可能性が高いので、まずはゆっくり休むようにしましょう。

クマ取り治療がオススメな人の特徴


クマ取り治療がオススメな人には特徴があります。

目の下をマッサージしたり温めたりしても改善されなかったり、加齢などの影響で目の下の脂肪が下がったり、くぼみが影になってクマができてしまったりする方がいます。

このような特徴に当てはまる方は、クマ取り治療をして改善しなければいけない必要があります。

クマの種類は3つある

クマには主に3つの種類があり、それぞれ原因や対策方法を知る必要があります。

クマの種類を知ることで自分に適した治療方法を知ることができるだけでなく、適切な施術方法もわかるのでぜひ参考にしてください。

クマの種類についてより詳しくは「目の下のクマの種類とスキンケア方法やオススメの施術もご紹介!」にありますのであわせてご覧ください。

青クマの特徴

青クマは、目の下が青黒く見えてしまうのが特徴で、血行不良・睡眠不足・目の疲れなどが原因で発生しやすい傾向があります。

また、日頃の生活習慣や運動不足なども青クマの原因になるので、注意して過ごさなければいけません。

蒸しタオルで目を温めた時やお風呂上がりにクマが目立たなくなっている状態になる方は、青クマの原因になっている可能性が高いです。

自宅で簡単にできるセルフチェック方法なので、ぜひ試してみてください。

茶クマの特徴

茶クマは、メラニン色素が沈着してしまうことで茶色く見えてしまうクマ状態の方です。

そのため、メラニンの生成を抑えるスキンケア用品やメイク用品を選ぶと効果的なので、シミと似たような対策方法で試してみると良いでしょう。

目を擦ってしまったり濃いアイメイクを日頃からしたりしている方が、茶クマの主な原因とされています。

目尻を指で横に引っ張った際に茶色いクマの部分が皮膚と一緒に動くようなら、茶クマの可能性が高いので、ぜひ鏡を見ながらセルフチェックしてみてください。

黒クマの特徴

紫外線などの影響で肌が老化してしまうことで影になり、黒クマができているように見えてしまう特徴があります。

目元の皮膚のたるみが影響で老けて見えないようにするためにも、肌が老化しないような日々を過ごす必要があるので注意するようにしてください。

自分で確認する方法としては仰向け状態の時に、クマが目立たなくなるようになる場合の方は黒クマの可能性が高い傾向があるでしょう。

そのため、肌状態が悪い状態を放置してしまう時間が長引いてしまうと他のクマより悪化しやすいため、症状が今より悪くなってしまう前にクリニックへ相談すると良いでしょう。

表情筋が低下してしまうことで黒クマができてしまうとされているため、眼輪筋などを鍛える施術をクリニックの機械治療で施術を受けるのがベストです。

目の下のクマ取りにオススメの施術法は?

目の下のクマ取りにオススメな施術法は、クマの種類によって変わる特徴があります。

青クマの場合、生活習慣を見直したりホットタオルで目を温めたりして経過観察するのがオススメです。

茶クマの場合はメラニン色素が沈着していることが原因のため、ピコトーニングや色素沈着治療レーザーの施術を受けると改善されるので、ぜひクリニックで相談してみてださい。

最後に黒クマですが、加齢などの影響で余分な脂肪がたるんでしまうことが原因とされているため、余剰皮膚切除術が効果的です。

切開して余分な脂肪を切除することでスッキリとした見た目になり、若々しい印象になるので、ぜひ参考にしてくださいね。

クマ取り治療をするにオススメのクリニックの選び方

クマ取り治療は1回の来院だけでは改善することが難しく、クマの種類によっては通院しなければいけない可能性があります。

ここからは、クマ取り治療をする方にオススメのクリニックの選び方をお話しするので、ぜひ参考にしてくださいね。

通いやすいクリニックかを調べる

クマの種類によっては通院して施術を受けなければいけない可能性があるため、自宅から通いやすいクリニックをチェックするのがオススメです。

できれば、自宅から近いクリニックや職場から帰る際に寄ることができる場所が良いでしょう。

アクセスしにくい場所にクリニックがあると、急なスケジュール変更があった際に次回の来院予約が難しくなってしまう可能性があるので、クリニックを選ぶ際は注意しましょう。

医師の実績や症例写真を見て判断する

クマ取り治療を考えている方は、医師のクマ取りに関する実績や症例写真などを掲載しているクリニックがオススメです。

このようなクリニックの医師はクマ取り治療に関して詳しいだけでなく、施術スキルやアフターケアに関しても丁寧に対応してくれる特徴があります。

また、カウンセリングも丁寧に行ってくれるので、術後の傷跡に関することやダウンタイムに関しても細かく教えてくれます。

クマ取り治療は目に近い施術だからこそ、信頼できる医師にお願いするようにしましょう。

クマの種類に合わせた施術があるのかを確認する

クマの種類によっては手術だけでなく、ピコトーニングや色素沈着治療レーザーで治療する場合があります。

そのため、クリニックのクマ治療に関するページを探した後に、どんな機械を使用して施術してくれるのかをチェックするのもオススメです。

クマ取り治療に使用する機械をホームページに掲載している場合、機器の特徴や施術後のダウンタイムなども書かれているので、クリニック選びに迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

クマ取り治療は目のたるみ具合を医師にチェックしてもらうのがオススメ

クマ取り治療を考えている方がクリニックへ相談した際に、黒クマと診察された場合は医師に目のたるみ具合をチェックしてもらうのがオススメです。

すると、施術を受けた後のダウンタイム期間なども知ることができるため、「ダウンタイムが〜日くらいだから、この日に施術を受けに行こう!」とスケジュールを合わせることもできるのでオススメです。

どのくらいたるみを改善できるのかだけでなく、どのような施術方法でたるみに対してアプローチしてくれるのかも重要なので、ぜひ相談してみてください。

クマの種類によっては切開手術をする場合がある

クマの種類によっては、切開しないと改善効果が実感できない恐れがあります。

そのため、まずは医師に相談して手術を受けなければいけないクマなのかや、通院して機械のレーザー治療で改善できるのかを聞く必要があります。

ここからは、切開手術をしなければいけないクマをお持ちの方の特徴をお話しするので、ぜひ参考にしてくださいね。

目の下のたるみの余分な脂肪を取る必要がある方

目の下に余分な脂肪が溜まっている方や、加齢などの影響でまぶたが下がっている方は切開手術を受けなければいけない可能性が高いです。

脂肪が溜まっている状態だと影ができて疲れているような印象になってしまう傾向があります。

一方、加齢などの影響でまぶたが下がっている方の場合、老化の影響で筋力が低下しているだけでなく、皮膚が重力で垂れ下がってしまっている状態が特徴的です。

そのため、まぶたのクマやたるみを一度で解消できる手術を提案された際は、ダウンタイムなどのことも考え、他の施術方法がないか聞いてみるのもオススメなので、ぜひ参考にしてください。

目の下の手術を受けるメリット

目の下のクマ取り手術として「下眼窩切開法」を受けるのが良いとされているメリットとしては、余分な脂肪をスッキリさせられるだけでなく、たるんでしまっている皮膚を引き上げて縫合できることです。

そのため、一度治療を受けるだけで効果を実感しやすいのメリットがあるためオススメの施術方法です。

眼輪筋を鍛えるために何回も通院して改善効果を得るよりも効果を実感しやすいので、ぜひ検討してみてください。

術後のダウンタイムや注意点が多い

「下眼窩切開法」を受けると効果を実感しやすいメリットがありますが、術後のダウンタイムや注意点が多いため、注意が必要です。

ダウンタイムに関しては個人差がありますが、術後2〜3日間は痛みや熱感を感じやすい特徴があるだけでなく、内出血や腫れが1〜2週間続いてしまう可能性があります。

さらに、腫れが引いてナチュラルな状態になるまでは約1ヶ月かかってしまう特徴があるため、施術を受けるには慎重に考えなければいけません。

そのため、施術を受けた後にメイクで隠せるのはいつ頃なのかなど、少しでも気になることがあれば気軽に医師に相談するようにしましょう。

メンズクララでは切らない目の下のクマ取り治療ができる

メンズクララでは幅広い世代に「切らない目の下のクマ取り」治療が人気です。

早めに施術を受けることでクマを改善しやすくなるだけでなく、目の下のたるみ予防にもなるのでオススメです。

ここからは「切らない目の下のクマ取り」について詳しくご紹介します。

ちなみに、「切らないクマ取りのダウンタイムについて専門家が詳しく解説」という記事も併せてご覧ください。

切らない目の下のクマ取り治療とは?施術方法についても解説!

「切らない目の下のクマ取り」治療は「経結膜的下眼窩脂肪除去術」とも呼ばれており、突出した目の下の脂肪などを除去する施術方法です。

下まぶたの裏側から下眼瞼の眼窩脂肪を除去することで、目元のクマやたるみが解消されるため、若々しい印象の目元を実現することができます。

従来の「下眼窩切開法」よりも少ないダウンタイムで症状を改善できるので、少しでも気になった方はぜひチェックしてみてください。

切らない目の下のクマ取り治療の注意点やダウンタイムについて

「切らない目の下のクマ取り」を受けるデメリットとしては、皮膚のたるみが強い場合だと改善効果を実感しにくいことです。

しかし、施術を受けることでどれくらい改善効果を得られるのかは自分で知ることができないため、医師に相談するようにしましょう。

また、個人差がありますが術後には1週間以上のダウンタイム期間があるため、注意が必要です。

腫れや内出血などが主な術後の症状ですが、メンズクララでは施術後のアフターケアに関しても丁寧に対応しているので、ぜひ参考にしてください。

メンズクララではクマ取りに対して様々な治療法がある

メンズクララでは患者さんのまぶたの状態によっては、目の下の凹みをボトックスで解消できたり、ヒアルロン酸注射でまぶたのボリュームをアップしてクマの印象を改善することができます。

またメンズクララは、ピコトーニングや色素沈着治療レーザーなどの施術を提案することもできるため、クマや目元のたるみに対して悩んでいる方は、ぜひ相談してくださいね。



記事監修医師プロフィール

メンズクララ院長/医師

神林由香

日本皮膚科学会正会員。日本抗加齢学会正会員。メンズヘルス医学会会員。 美容外科専門医(JSAS)。
東京大学理科2類中退後、2011年香川大学医学部卒。
東京女子医科大学病院初期研修、東京女子医科大学病皮膚科入局、2016年大手美容外科都内分院スキンクリニック院長などを経て現職。